無料保険相談はこちら

学資保険返戻率ランキング > 子供の教育費 > 私立高校の学費(教育費)はいくら位かかる?

私立高校の学費(教育費)はいくら位かかる?

私立高校の学費(教育費)はいくら位かかる?

同じ高校でも公立高校と私立高校では学費に大きな差が出てきてしまいます。
私立高校ではどのぐらいの学費がかかってしまうのでしょうか?

公立高校の3倍かかる私立高校の学費

大体96万円くらいかかります。
これは学校の授業料とその他の教育費用を足してのお金になっています。
学年別に見てみると高校1年生は入学料がかかるので116万円くらい、2年生は84万円位3年生は87万円位となりました。
公立高校の授業料に比べると約3倍位かかります。

私立高校も高等学校就学支援制度ができた!

今までは公立高校のみが無償化になっていましたが、私立高校に通わせている親も負担があると言うことで、年収が910万円以下の年11万8000円の支援と、収入によって1.5から2.5倍の支援を行うようになりました。
そのために以前よりは通わせやすくなりました。
また、非課税家庭では奨学金を申請することもできます。
この奨学金は返金する必要はありません。

私立の高校に行く時も塾が大きな割合を占める

お金がかかるのは何故かと言うとやはり塾や家庭教師をつけることが多いからです。
課外での学習でかなりかかることがわかっています。

制服や修学旅行のお金も・・

学校によって違いますが、制服や修学旅行も海外に行くこともあったり、毎月の支払いが4〜5万円かかる学校もありますし、一括で修学旅行代金を40万円求められることもあります。
いざと言う時に慌てないように事前に調べておきましょう。

大学入学率は私立高校の方がいいと言うことも!

私立高校はとても学校の校風などが良いところが多いので、学習環境にふさわしいところがあります。
入試対策もしっかりと行っているところが多いです。
そのため学習塾に力を入れる必要がないところもあります。
その分費用がかからないこともありますが、学費は高いのでやはり貯蓄が必要になってきます。

最後に

私立は寄付金を求めるところもあります。
授業料以上に出費があると思っておいた方が良いでしょう。
急に必要になる場合もあるので少し多めにお金を用意しておく方が良いでしょう。

学資保険と一番比較される【低解約返戻金型保険】

主婦の方にみらいのつばさの商品と一番比較されて中で一番の人気商品は、AIG富士生命生命の【E-終身】という貯蓄型保険商品です。
保険加入の目的をどこに設定するかによりますが、貯蓄だけのことを考えると学資保険より【低解約返戻金型保険】の方がよいからだと言えるでしょう!
貯蓄を考えるのであれば、AIG富士生命生命【E-終身】を検討に挙げるのは非常によいかと思います。

→AIG富士生命生命【E-終身】の資料請求はこちら

学資保険ランキング