無料保険相談はこちら

生命保険おすすめランキング > 生命保険の選び方 > 生命保険を知ろう「終身保険と定期付終身保険」

生命保険を知ろう「終身保険と定期付終身保険」

プリント
 

生命保険には、保険加入期間で見ると以下の2つがあります。

  • 子育て時など一定期間を保険料が安く手厚く保障する定期保険
  • 一生涯を保障する保険金を必ず受け取れる掛け捨てでない終身保険

定期保険(特約)と終身保険(主契約)を組合せて保険料を抑えて必要な期間手厚い保障をする定期付終身保険があります。

 

定期保険

定期保険は、保険期間を決めてその期間内に死亡あるいは高度障害になると保険金を受取る掛け捨て型の保険です(保険期間内を過ぎて死亡しても保険金を受け取れない)。
一定期間にわたり死亡(高度障害を含む)時のみを保障する掛け捨て保険なので保険料が安く設定されています。
逆に見ると、保険料が安いので高額保険金を受け取れる手厚い保険にすることができます。

期間が一定なので、特に手厚い保障が必要な子育て時期などに加入すると効果的です。
一般に解約返戻金がないので死亡保障に重点を置く保険です。

 

終身保険

終身保険は、一生涯を保障する保険金を必ず受け取れる掛け捨てでない保険です。
保険金を必ず受け取るので死亡保険金を積み立てておく必要があり、保険金払込期間を満了すると相対的に高額の解約返戻金を受取ることができます。

手厚い保障をつけたい期間(基本的に保険料の払込期間)を過ぎ、子供の自立あるいは公的年金の受給など死亡保障の必要性が低くなると、解約して解約返戻金を老後資金としても活用できます。

 

定期付死亡保険

定期付終身保険は、定期保険と終身保険の良いところを組み合わせた保険です。

  • 一定期間保険料が安くその分保障を手厚く出きる掛け捨ての定期保険
  • 保障が一生涯続き必ず保険金を受け取れる掛け捨てでない終身保険

 

終身保険を主契約に、定期保険を特約としてつけたのが定期付終身保険です。
手厚い保障をつけたい一定期間(通常は60歳か65歳など)に定期保険特約をつけます。

 

定期保険と終身保険の保険料例

東京海上日動あんしん生命の定期保険(無配当)と終身保険(無配当)を例に保障と保険料を見てみます。

 

定期保険

保険金額3,000万円、保険料払込期間・保険期間30年の加入連例・性別の月額保険料は、以下のようになります。

  • 30歳、男性11,490円、女性7,800円
  • 40歳、男性23,040円、女性12,720円
  • 50歳、男性48,210円、女性23,670円

 

終身保険

保険金額1,000万円、保険料払込期間60歳まで、保険期間終身の加入年齢別・性別の月額保険料は、以下のようになります。

  • 30歳、男性22,750円、女性21,170円
  • 40歳、男性35,310円、女性32,800円
  • 50歳、男性71,660円、女性66,620円

 

定期付終身保険

上の定期保険と終身保険を組み合わせると30歳男性のケースでは以下になります。

  • 保険料の払込期間60歳までの30年間
  • 保険期間に死亡すると保険金は4,000万円
  • 60歳をすぎると保険金は1,000万円
  • 終身保険の払込保険料の総額は8,190,000円
  • 60歳で解約すると解約返戻金は7,914,000円
  • 70歳で解約すると解約返戻金は8,588,000円

 

30歳加入のケースで定期保険は終身保険に比べて、保障が3倍なのに保険料は男性で約半額、女性では3倍弱です(保険期間は同じではありません)。

60歳までの保険金は4,000万円と手厚く、60歳を超えて解約すると解約返戻金約800万円を老後資金として活用できます。
定期付終身保険は、保険料払込期間の保障はできるだけ高額に、老後資金も多少は用意したい人に向いた保険です。