無料保険相談はこちら

学資保険返戻率ランキング > 商品比較レビュー > アフラックとソニーの学資保険を比較!どっちがお得?

アフラックとソニーの学資保険を比較!どっちがお得?

アフラックとソニーの学資保険を比較!どっちがお得?

返戻率が高く人気のあるアフラックとソニーの学資保険ですがどちらがお得なのでしょうか?
どちらもとても貯蓄に向いている保険なのですが実際にどちらが良いのか考えてみましょう。

アフラック夢見る子供の学資保険は

アフラックは10年払い18年払いと払う期間を選ぶことができます。
特に10年払いのほうはとても返戻率が高いので配当も満期額300万えりたんでしたら15歳に50万円、大学入学時100万円と各学年50万円ずつになっています。
そのため保険料を保険会社に長い間貯めておくことで返戻率が上がることがわかります。また15歳のときの50万円を据え置くことにより返戻率が上がってきます。
頑張って10年払いにした方が返戻率が高くなるのでできるようでしたら、そのほうがよいでしょう。
また保険契約者にもしものことがあった場合の保険料払い込み免除になるものは特約となっていますから、それをなしにすることでまた返戻率が上がってきます。
しかしほとんどの人が家計の収入が多い人に契約者がなっているものですから、特約をなしにするのは慎重に考えた方が良いでしょう。

ソニーの学資保険スクエア

ソニーはオーダーメイドで保険を作ることができます。
その分自由度が高いです。
また配当利差金が5年ごとにでます。
会社が利益ができたときに少しいただけるということで、インフレなどもありますから、配当利差金が付いているのはメリットがあります。
貯めていた教育資金で足りないこともありますから嬉しいですね。
また満期が300万円なら、配当が12歳57万円15歳57万円.大学入学時190万円とかなりでますので、まとまったお金が必要な大学入学時に190万円あれば安心できます。

結局どちらが良いのか?

返戻率の面はとても優秀なのでどちらでも良いのですが、アフラックが支払い方を10年払いを選べることやソニーの配当利差金を考えるとどちらが良いのか決め手になるのかもしれません。
自分の教育プランを考えたときに配当金などがどのような形で出れば良いのかも考えてみましょう。
どちらも大手なので会社としては安心できます。

学資保険と一番比較される【低解約返戻金型保険】

主婦の方に学資保険と一番比較されて中で一番の人気商品は、オリックス生命の【ライズ(RISE)】という貯蓄型保険商品です。

→資料請求はこちら