無料保険相談はこちら

学資保険返戻率ランキング > 学資保険のよくあるご質問 > 学資保険の満期は何歳にすればよい?

学資保険の満期は何歳にすればよい?

学資保険の満期は何歳にすればよい?

学資保険の満期とは何なんでしょうか?
満期と言うのは学資保険によって決まっているのでしょうか?
また満期は自分で決めることができるのでしょうか?
学資保険の満期を早く設定すればお得になるのでしょうか?考えてみましょう。

保険会社により学資保険の満期は決まっている!

ほとんどの保険会社は保険の払い込みは月払いでも半年払いでも年払いでも一括払いでも、10歳までのの払い込みであっても、18歳が満期になっているものが多いようです。
しかしフコク生命の未来のつばさは17歳が満期になっています。
子供が18歳の頃は、お金が必要になるので17歳の方が良いと言う考えになっているようです。17歳に支払いが終われば18歳のお金が必要な時に毎月の支払いをする必要がなく安心とも言えるでしょう。

受け取りが違う色々なタイプがある!

フコク生命の未来のつばさのスジャンプ型は、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学入学時、成人に備えて少しずつお祝い金として満期額がから出るようになっています。
またステップ型は20歳と22歳で出るようになっています。
大学進学時に必要な場合、お祝い金をそのままにすることもできます。

満期を自由に設定したかったら!

学資保険ではない教育資金を貯めやすい保険もあります
低解約返戻金型終身保険という名前ものですべて支払いが終われば、いつ引き落としても返戻金もしっかりとついています。
満期前に引き出せば減ってしまいますが、満期を早めに設定すれば、早めにお金が必要な時も安心です。
学資保険は払い戻しが早いと満期の金額が減ってしまうので、このような保険を利用するのも良いでしょう。

最後に

学資保険には満期が決まっていて受け取り方がいろいろな形があることがわかりました。
また学資保険以外にも満期を早めに設定することもできる保険もあるのでそれを利用するのも、よいかもしれません。しかし学資保険には契約者が万が一の時に支払いを助けてくれる保障も付いていますので、自分にとって何が1番良いのか考えて入るのが良いでしょう。

学資保険と一番比較される【低解約返戻金型保険】

主婦の方にみらいのつばさの商品と一番比較されて中で一番の人気商品は、AIG富士生命生命の【E-終身】という貯蓄型保険商品です。
保険加入の目的をどこに設定するかによりますが、貯蓄だけのことを考えると学資保険より【低解約返戻金型保険】の方がよいからだと言えるでしょう!
貯蓄を考えるのであれば、AIG富士生命生命【E-終身】を検討に挙げるのは非常によいかと思います。

→AIG富士生命生命【E-終身】の資料請求はこちら

学資保険ランキング