無料保険相談はこちら

学資保険返戻率ランキング > 学資保険のよくあるご質問 > 学資保険の保険金の加入限度額はあるの?

学資保険の保険金の加入限度額はあるの?

学資保険の保険金の加入限度額はあるの?

子供のために少しでも貯めたい学資保険の金額ですが、一体いくら貯めれば良いのでしょうか?
全く先が見えないととにかくたくさん貯めようと思ってしまいます。
しかし学資保険に加入限度額はあるのでしょうか?
もしあるとしたら学資保険は一体いくらまで加入限度額はあるのでしょうか?

学資保険の加入限度額

学資保険の加入限度額は死亡したときの保障金額や満期の額を合算して、1000万円までと決まっています。
未成年者の保険金を狙った犯罪を防ぐためにヨーロッパのほうでは、早くから取り組んでいました。
日本では取り組むのは遅い方だったのですが、未成年者の命を守るために大切な限度額になっています。

様々な学資保険に入ってしまったら

学資保険はいろいろな保険があるのでどの保険に入ろうか迷うこともたくさんあります。
複数かけてしまうこともあります。
その際は保険担当者に他の学資保険も入っていることをしっかりと伝えましょう。
そしてその合算部分が1000万円を超えてはいけないことになっています。
そのため入りたい保険にしっかり入ることができないこともありますので気をつけていきましょう。

保険金で足りない部分は

それでは学資保険以外に教育資金を貯めるのはどうしたらよいのでしょうか?
子供の教育資金に1000万円から2500万円位かかると言われています。
そのために残りの半分は自分で用意するように積み立てや、資金運用等をして貯めていくのがベストです。
学資保険は教育資金の半分は貯めれるようなものになっています。
万が一の保険会社の破綻のリスクを考えると半分くらいは学資保険で半分は自分で用意するのがベストといえるようです。

最後に

学資保険に限度額があると言うことを全く知らないよりは知っていた方が良さそうです。
学資保険を組む時はたくさんかければ良いと言うことではなく、返戻率や保障など何を優先してかけるかを考えて自分にベストな学資保険を組むことができそうですね。

学資保険と一番比較される【低解約返戻金型保険】

主婦の方に学資保険と一番比較されて中で一番の人気商品は、オリックス生命の【ライズ(RISE)】という貯蓄型保険商品です。

→資料請求はこちら

学資保険ランキング