無料保険相談はこちら

学資保険返戻率ランキング > 学資保険のよくあるご質問 > 学資保険加入後、被保険者の子供が亡くなってしまったら?

学資保険加入後、被保険者の子供が亡くなってしまったら?

学資保険加入後、被保険者のこどもが亡くなってしまったら

はじめに

あまり考えたくないことですが万が一学資保険の途中に子供が死亡してしまったらどうなるのでしょうか。
満額支払いをすると戻る時に増えていますが、途中で亡くなると貯蓄は増えているのでしょうか?
途中で解約した場合は減額されますが、亡くなった時減額をすることはあるのでしょうか。
あってはならないことですが、お金のことなので念のために知っておいた方が良い知識として抑えておきましょう。
また出産前に保険に入った子どもが死産しても同じことです。

学資保険は将来の教育費

子供の将来のために積み立てしていきたい親は子ども死亡のことはあまり考えずに加入する人がほとんどです。
ライフスタイルにより、習い事や学費などかかるものです。
毎月の積み立てでいくら貯めるか、貯蓄をいくらしようかと子どもの未来の教育費です。
基本的には積み立て貯蓄が本来の目的の商品です。

被保険者が亡くなると、ほとんどの場合は積み立てていたものが返ってくる。

ほとんどの場合は積み立てていた今までの保険金が返ってきます。
その他には死亡給付金が特約としてついているものもあります。学資保険にはいろいろ特約をつけると、戻り率があまりよくありません。
子どもの将来を考えて入るものなので、戻り率を取るか、様々なメリットを取るかで考えると、戻り率が高いものを選択する場合がほとんどです。
また、会社によっては亡くなった時期によって積立金の満額の10パーセントなどパーセンテージで決まっているところもあります。

最後に

学資保険は貯蓄が目的だとしっかりした意識がないと、死亡保証や医療保証など特約をつけてしまい、本来の目的からずれてしまったり損をしてしまうことがあるかもしれません。
元本割れする時もあるそうです。保険に入る際にはしっかり把握して、いきましょう。大切な子どもの将来のために貯めることが大事な学資保険ですし、できれば死亡などは考えたくないですね。

学資保険と一番比較される【低解約返戻金型保険】

主婦の方に学資保険と一番比較されて中で一番の人気商品は、オリックス生命の【ライズ(RISE)】という貯蓄型保険商品です。

→資料請求はこちら

学資保険ランキング