無料保険相談はこちら

学資保険返戻率ランキング > 学資保険のよくあるご質問 > お金がなくなって保険料が支払えない場合はどうすればいいの?

お金がなくなって保険料が支払えない場合はどうすればいいの?

お金がなくなって保険料が支払えない場合はどうすればいいの?

せっかく入った学資保険ですが、あまり考えたくありませんが万が一病気になってしまったり、生活が困難になってしまうこともあります。
お金が無くなってしまい支払いが難しくなる。このような時はどうすればいいのでしょうか。保険を解約してしまうとほとんどが戻って来なかったりかなり少なくなってしまいます。できれば継続していきたい学資保険ですが何か良い方法は無いのでしょうか。

払えない分を立て替えてくれる制度があります!

家計が苦しいならば状態を保険会社に伝え、今まで払った保険料で立て替えてくれる契約者貸付ですがその分利子がつくのでその分をつけて返さなければいけません。
各会社によって違いますが、大体2パーセントから6.5パーセントくらい利子か付きます。
もちろん今まで支払った金額がある場合に借り入れすることができますが全体の90パーセントくらいは借り入れに出来るようです。
そして借り入れた申し込みの時に返済ペースも決めていきます。
しかし解約するわけではないのでその分とてもありがたい制度になっています。

もちろん気をつけなくてはいけないこともあります!

デメリットとしては借り入れをすることが、必ずしも借りれるとは言えません。
一定の積み立てがないと借りることもできません。
また借りれると思った額と違う額しか借りれないこともあります。
また保険が満期になった時に返さなければいけないお金があったときはその分が差し引かれてしまいます。そのため本来は多くなるはずの保険が金額が少なくなってしまいます。
借りた分の利子もかかりますがかりすぎないようにしましょう。
また、借りすぎて、積み立てがなくなった場合契約は無効となります。

最後に

なるべくあって欲しくないですが病気や仕事が出来ないなどと言うことが絶対ないとは言い切れません。
そのようなときの救済措置として知っておいた方が良いと思います。
また生命保険にも契約者貸付と言うのはあるようです。

学資保険と一番比較される【低解約返戻金型保険】

主婦の方に学資保険と一番比較されて中で一番の人気商品は、オリックス生命の【ライズ(RISE)】という貯蓄型保険商品です。

→資料請求はこちら

学資保険ランキング