無料保険相談はこちら

学資保険返戻率ランキング > 学資保険見直し > 学資保険の見直しは、どのように決めればよい?

学資保険の見直しは、どのように決めればよい?

学資保険の見直しは、どのように決めればよい?

子供ができたらうれしい・楽しいことだけではありません。
子供の将来を考えれば、それなりの教育費用が必要になるということはみなさん把握されていると思います。
学資保険を利用すれば毎月貯蓄ができるので安心ともいえますが、一度入ってしまって見直しをしていないと、必要ない特約などが付いていて損をしていた…なんてケースもあるようです。
そんな学資保険の見直しについてポイントをご紹介します。

返戻率をチェックしましょう。

学資保険の第一の目的は、子供の教育費用がかかる時期に備えてなるべく利率の高い機関で資金を積み立てておくことだと思います。
利率が高ければ返戻率は高くなり、結果的に受け取る資金も増えているというわけです。
いま加入しているプランの返戻率はどうでしょうか。
医療保険などの特約が付いている場合は返戻率が低くなる傾向があります。
他の保険会社に加入している場合には重複してしまっているケースもあるので、不必要な特約が付いていないか見直してみましょう。

受け取り時期はいつになっているかチェックしましょう。

学資保険の満期保険金が受け取れる時期についてはプランによって差があります。一般的には大学入学時に合わせているところが多いようですが、中学・高校の入学に合わせてお祝い金が受け取れるプランなどもあります。子供が育つにつれてどのタイミングで大きな資金が必要になるかがわかってくると思います。また、入学資金支払い後の受け取りでは貯蓄の意味がなくなってしまいますので、タイミングが合わない保険プランの場合は見直しをしたほうが良いでしょう。

自分では自信がないというときは。

子供の教育資金がどの時期に、どのくらいかかるのかが自分では詳しくわからない、という方も多いと思います。
その際は保険のプロに相談するのもおすすめです。
大型のショッピングモールなどには保険案内会社などが入っていると思います。
ファイナンシャルプランナーは人生のどのタイミングでどれくらい資金がかかるのか、どのようなプランが最適かを把握しているプロです。
相談・利用は無料で行えるところが多いため、総合的な保険の見直しを含めて一緒に整理してもらうとわかりやすいでしょう。
以上、簡単ではありますが学資保険の見直しのポイントについてご紹介しました。ぜひご参考になってみてくださいね。

学資保険と一番比較される【低解約返戻金型保険】

主婦の方にみらいのつばさの商品と一番比較されて中で一番の人気商品は、AIG富士生命生命の【E-終身】という貯蓄型保険商品です。
保険加入の目的をどこに設定するかによりますが、貯蓄だけのことを考えると学資保険より【低解約返戻金型保険】の方がよいからだと言えるでしょう!
貯蓄を考えるのであれば、AIG富士生命生命【E-終身】を検討に挙げるのは非常によいかと思います。

→AIG富士生命生命【E-終身】の資料請求はこちら

学資保険ランキング