無料保険相談はこちら

医療保険おすすめランキング > > ライフネット生命 終身医療保険「新じぶんへの保険」

ライフネット生命 終身医療保険「新じぶんへの保険」

スクリーンショット 2016-08-29 11.05.14

  •  ◎主契約:医療保険
  • ◎支払限度日数:60日
  • ◎通算限度日数:1,095日
  • ◎保険料払込期間:終身

 

ライフネット生命と言えば、インターネットを通して申し込む保険の先駆けです。

人件費を減らして保険料を安くする狙いがあり、知名度が上昇してくるにつれて加入者が増えてきました

そのライフネット生命が2014年に始めた保険商品が「新じぶんへの保険」です。

 

複雑な保険商品とは違い、「分かりやすさ」を追求した商品で、初めて保険を選ぶ若い家庭にも人気があります。

エコノミーコースであれば、30歳でも2,352円となっており一生涯上がりません。

おすすめコースにすれば、三大生活習慣病での入院に対応、がんの給付金も貰えるようになります。

 

他の保険会社の場合、これらは特約としていくつかの選択肢から選ぶことになるのですが、病気になる前に特約を取捨選択するのは難しいものです。「新じぶんへの保険」がいかにシンプルに考えられているのか分かります。

シンプルが故の人気といっていいでしょう。

 

 ライフネット生命 終身医療保険「新じぶんへの保険」のメリット

「新じぶんへの保険」の最大のメリットは、保険内容に悩みすぎないことです。

エコノミーコースとおすすめコースから選ぶので、シンプルに選択することができ、特に保険初心者の若い人にはメリットといえるでしょう。

 

コースが2つしかないということは、どちらも「みんなにとって平均的に良いもの」になっています。保険料も安いので若くから安心を得るのに適しています。また、おすすめコースについているがん一時金の条件が優秀なのもメリットです。がんと診断されて、治療を開始したタイミングで一時金をもらえます。

 

入院まで待つ必要がないこと、また入院する必要がない治療である場合も増えていることからも大きなメリットです。加えて、がんの一時金は2年に1回が主流なのですが、「新じぶんへの保険」では1年に1回となっています。

 

ライフネット生命 終身医療保険「新じぶんへの保険」のデメリット

インターネット上で申し込むメリットに対して、窓口で相談をすることができないのがデメリットとなります。

 

ネット保険のメリットとして、保険についての情報が何もない状態でも、保険の窓口や無料相談を通して、自分に合った保険を選ぶことができますし、医療保険について知識が蓄えられていきます。「新じぶんへの保険」について問い合わせをすることはできても、自ら行動を起こさなければならないと加入せずにそのまま、というパターンも発生します。

 

シンプルであるメリットの裏返しもデメリットになりますね。特約を細かく選びたい人には適していない保険商品となります。