無料保険相談はこちら

学資保険返戻率ランキング > 子供の教育費 > 中学〜大学卒業までには教育費はいくらかかる?

中学〜大学卒業までには教育費はいくらかかる?

中学〜大学卒業までには教育費はいくらかかる?

子供一人に最低でも1000万必要になると言われている現代。では、実際に、どのような感じで教育費は必要になってくるのでしょうか?

【中学校】

公立の場合

中学校を地元の公立に行くからと安心していてはいけません。公立中学でもお金は必要です。授業料は無料ですが、修学旅行の積み立てやその他の教材購入代。
また、お弁当、もしくは、給食費が必要になってきます。
その上で、多くの子供たちが塾に通い始める事になります。
その金額は平均で年間30万円弱。3年間になると90万円弱とも言われています。

私立の場合

私立中学に合格し通う事になれば、公立中学以上にお金が必要になってきます。もちろん、授業料は無料ではなく、年間45万円。
3年間で130万円にもなると言われています。
その他の積立金なども、公立中学に比べ高くなる事が多く年間55万円。3年間で170万円とも言われているのです。
また、私立でも塾に通う子供が、ほとんど。なので、これらに加え塾代として3年間で90万ほど必要になってきます。

【高校】

公立の場合

高校になると公立とは言え、中学校以上のお金が必要になってきます。現在においては、高校授業料が無償化になっているお蔭で授業料が無料になっていますが、今後の財政によっては、どうなるか分かりません。
その他、積立金などで3年間で70万円近く必要になり、また大学受験を行う場合は、予備校にも通う為、加えて50万ほどの費用が加算されます。

私立の場合

私立高校の場合は、授業料の無償化によって多少の返金があるものの、差額の授業料は支払わなければいけません。
その為、3年間で70万円ほど見ておく必要があります。
それに加え積立金などで140万円。その上で、予備校代が加算されます。

【大学】

大学にもなると国公立なのか私立なのか。
文系なのか理系なのかによって、大きく授業料が変わって来ます。その他、現役で合格できたのか浪人したのか。また、自宅から通うのか。下宿するのかなどによっても、大きく変動する事に。
その為、あらゆることに対応する事ができるように備えておくことも大切です。

私立 文系

4年間で700万円程度

私立 理系

4年間で800万円程度

国立大学

4年間で500万円程度

学資保険と一番比較される【低解約返戻金型保険】

主婦の方にみらいのつばさの商品と一番比較されて中で一番の人気商品は、AIG富士生命生命の【E-終身】という貯蓄型保険商品です。
保険加入の目的をどこに設定するかによりますが、貯蓄だけのことを考えると学資保険より【低解約返戻金型保険】の方がよいからだと言えるでしょう!
貯蓄を考えるのであれば、AIG富士生命生命【E-終身】を検討に挙げるのは非常によいかと思います。

→AIG富士生命生命【E-終身】の資料請求はこちら

学資保険ランキング