無料保険相談はこちら

学資保険返戻率ランキング > 子供の教育費 > 国立大学の学費はいくらかかるの?

国立大学の学費はいくらかかるの?

国立大学の学費はいくらかかるの?

国立大学はとても金額が安い上に偏差値も高いです。
国立大学に入ってほしいという希望も多いでしょう。
実際どのくらいかかっているのでしょうか?

国立大学の学費

最初の1年間は約172万円その後は100万円ずつかかることになっています。
そのため合計で472万円位かかることになります。
しかし、これは自宅からの通学のことであって、自宅外からの通学になってくると生活の費用がかかってきます。
自宅外からの場合は倍くらいかかると思っていた方が良いでしょう。
特に入学してからの1年目は物をそろえたりすることにより大きな金額になります。

国立大学への入学に向けての学費もかかる

国立大学に入学に向けて塾等に通わせることにより費用も相当かかってきます。
しかし、国立大学は研究機関であることが多いのです。
今後の進路も変わってきますから親としては力を入れていくでしょう。

収入によって授業料免除があるところや、奨学金制度は?

年収400万円以下の家庭では授業料が無料になります。
また家庭によっては、授業料を出すのが大変なので奨学金を利用するような家もあるでしょう。
奨学金は民間の奨学金制度や大学で行っている奨学金制度、国や地方で行っている奨学金制度もあります。
学業が優秀であれば奨学金をいただけたり無利子だったりするところもあるので学力をつけていかなければいけません。

国立大学は科によっても授業料が同じです!

たとえば医学部であったとしても国立大学は授業料が同じです。
そのため偏差値はとても高くトップクラスでしょう。
国立大学は大変人気があるので、学力をつけるために努力をすることが大切です。家族一丸となって学校に行けるように配慮することになるでしょう。

最後に

研究機関であり学力も高い国立大学の入学はとても嬉しいことでしょう。
しかしたくさんの勉強と、努力も必要になってきます。
また地方に行ってしまうことにより生活費がかかるので結局私立大学並みにかかることも考えられるでしょう。

学資保険と一番比較される【低解約返戻金型保険】

主婦の方にみらいのつばさの商品と一番比較されて中で一番の人気商品は、AIG富士生命生命の【E-終身】という貯蓄型保険商品です。
保険加入の目的をどこに設定するかによりますが、貯蓄だけのことを考えると学資保険より【低解約返戻金型保険】の方がよいからだと言えるでしょう!
貯蓄を考えるのであれば、AIG富士生命生命【E-終身】を検討に挙げるのは非常によいかと思います。

→AIG富士生命生命【E-終身】の資料請求はこちら

学資保険ランキング