無料保険相談はこちら

学資保険返戻率ランキング > 子供の教育費 > 公立高校の学費(教育費)はいくら位かかるの?

公立高校の学費(教育費)はいくら位かかるの?

公立高校の学費(教育費)はいくら?

家計の負担にならないように公立高校に進むことができたら、ありがたいのですが公立高校は中学校とは違い交通費や諸経費がかかるようです。
また、アルバイトもできる年齢になっているのでアルバイトをする子もいます。
公立高校の学費はどうなっているのでしょうか。

所得によって高校の学費の負担が変わってくる

新制度になり高校の学費の負担が所得によって違います。
年間910万円未満の所得者しか対象になっていません。
非課税の家庭はより奨学金をもらうことができます。
この奨学金は返す必要がないものです。
学校以外に使う教育費として請求することができます。

高校の費用は?

昨年度まで高校の授業料が無償だったので1年間の学費11万8000円が無料でしたが現在は所得によって変わってくることをお伝えしました。
所得制限が対象でない人は、プラス11万8000円かかることになります。
高校の費用は学校とその他を足してどのくらいかかるかと言うと、高校一年生で44万円、二年生で39万円、三年生で32万円かかると言われています。入学時はどんな学校でも高額になります。
そのため公立高校だからといって安心できるものではありません。
所得の低い人はそれでも学費が足りないことが多いので、奨学金をもらえるように申請しましょう。教育費用を賄うことができます。

1番かかるのは塾の費用!

大学受験を控えているので一生懸命勉強する姿があります。
しかし、塾の費用はとても高額です。
年間8万円位をめどに上限は様々です。

最後に

公立高校に行くことになり交通機関を使って活動する姿が増えてきました。
大学受験を成功すれば、親も一安心することができるでしょう。
そのために学習へのバックアップをしっかりと行っていくことになります。
また、アルバイトは高校生なので学業が本業ですから社会勉強程度にしていくことでしょう。

学資保険と一番比較される【低解約返戻金型保険】

主婦の方にみらいのつばさの商品と一番比較されて中で一番の人気商品は、AIG富士生命生命の【E-終身】という貯蓄型保険商品です。
保険加入の目的をどこに設定するかによりますが、貯蓄だけのことを考えると学資保険より【低解約返戻金型保険】の方がよいからだと言えるでしょう!
貯蓄を考えるのであれば、AIG富士生命生命【E-終身】を検討に挙げるのは非常によいかと思います。

→AIG富士生命生命【E-終身】の資料請求はこちら

学資保険ランキング