無料保険相談はこちら

学資保険返戻率ランキング > 子供の教育費 > 公立中学校の学費(教育費)はいくらかかるの?

公立中学校の学費(教育費)はいくらかかるの?

公立中学校の学費はいくらかかるの?

義務教育でありあまりお金がかからないイメージの公立中学校ですがとのくらいの費用がかかるのでしょうか?
中学校になり急に活動の幅が広がってもきますので、かからないように見えても意外とかかることがあるようです。

公立中学は私立中学の3分の1位の費用で済む

公立中学校ではあまりお金がかからないようなイメージがありますか、それでも考えるとかなりかかることもあります。
私立中学校のように学校自体にお金を収める事は少ないですが、今後の受験のための塾の費用などが年間にして17万円かかります。
この費用は私立中学校よりも高くなっています。
私立中学校は6年間のカリキュラムで高校も進み、大学受験に備えているので塾の費用はかからないようです。
しかし、それでも私立中学校の方が学費はかかります。
その他にも初めての受験の期待や不安から家庭教師になどつけることが多くいつの間にかお金がかかることがあります。

中学校で使う物を揃える

制服や体操着などのほかに部活動等もありますので、費用がかさむことでしょう。
中学校に行くと参考書なども購入することが増えてくるでしょう。
また中学校になると遊びの範囲も広がってきますので、お小遣いや私服もかなりかかってきてしまいます。
また修学旅行も最近は遠いところや変わった場所に行くことがあるとかなりの費用になってしまいます。
スポーツでのレクレーションや芸術活動なども中学校ならでは体験させたいこともあるでしょうし、旅行なども楽しめる年齢ですので連れて行くとお金がかかってきます。

学校への支払いは月1万円位を目安に!

高校3年生の時は何かとかかるようですが、中学1年生2年生は給食や雑費等含めて月1万円ですむようです。
交通費がかからない分今のうちに貯蓄をするようにしていきましょう。

最後に

中学校になると塾や部活で帰りが遅くなってくる子もいます。
とても心配で送迎する親御さんも多いでしょう。
公立中学はお金がかからないように思いますが、知らないうちに雑費等が増えて貯蓄が崩れることがないようにしましょう。

学資保険と一番比較される【低解約返戻金型保険】

主婦の方に学資保険と一番比較されて中で一番の人気商品は、オリックス生命の【ライズ(RISE)】という貯蓄型保険商品です。

→資料請求はこちら

学資保険ランキング