無料保険相談はこちら

学資保険返戻率ランキング > 子供の教育費 > 子育て世帯(20〜40代)の貯蓄額はどの位?

子育て世帯(20〜40代)の貯蓄額はどの位?

子育て世帯(20〜40代)の貯蓄額はどの位?

20代から40代と言えば結婚をして子供を育てることで働き盛りや貯蓄をがんばっている家庭が多いでしょう。それぞれの仕事や共働きなどによってかわってくると思いますが大体どのくらいの貯蓄をしているのでしょうか?

貯蓄の平均値は?

年齢によって貯蓄額の平均は違いますが、20代だと300万円前後30代だと600万円前後、40代だと900万円前後と出ています。
思いのほかたくさんの金額に驚く人もいますし、よりたくさん貯まっている人もいるでしょう。
また20代から60代の貯蓄となると中央値が450万になります。最低でも450万は貯めたいものです。
また40代から少しずつ余裕が出てきて貯蓄が増えています。
また20代だとなかなか貯蓄ができないので、学資保険を利用してる人も多いです。
月1万円から2万円くらい、教育資金として回している家が多いようです。

持ち家などによっても違ってくる!?

20代後半だと持ち家を持っているのは20パーセント前後ですが30代後半が57パーセントになります。
そのために、家計の支払いなども変わってきたり借入金等も出てきます。
それでも貯蓄額はシングルとファミリーではそんなに変わらないことが伺えます。
子供のために積極的に教育資金を貯めている姿が伺えます。

一ヶ月の支出はどの位?

夫婦2人での平均支出は月28万円と言われています。
1番お金がかかる時期の子供が18歳から21歳の間は月35万円かかると言われています。
月に40万円。
年額で600万は必要になるということです。
夫婦ともに働いていると40代は男性が平均500万円前後女性が平均300万円前後になっています。
そのため年に800万円貯めている家庭もあります。
子どもが小さいうちはあまりお金がかかりませんが共働きで貯蓄している家庭も多いようです。

最後に

世帯や仕事の内容により、収入が変わってきますが、共働きをしていれば貯めれない金額ではありません。家庭と育児の両立はなかなか大変なこともありますが無理のない範囲で頑張っていきましょう。

学資保険と一番比較される【低解約返戻金型保険】

主婦の方にみらいのつばさの商品と一番比較されて中で一番の人気商品は、AIG富士生命生命の【E-終身】という貯蓄型保険商品です。
保険加入の目的をどこに設定するかによりますが、貯蓄だけのことを考えると学資保険より【低解約返戻金型保険】の方がよいからだと言えるでしょう!
貯蓄を考えるのであれば、AIG富士生命生命【E-終身】を検討に挙げるのは非常によいかと思います。

→AIG富士生命生命【E-終身】の資料請求はこちら

学資保険ランキング