無料保険相談はこちら

生命保険おすすめランキング > はじめての生命保険 > 老後資金作り「2018年から始まるつみたてNISA」

老後資金作り「2018年から始まるつみたてNISA」

車内のカップル
 

病気やケガで働けなくなったときの備えとして就業不能保険を紹介しています。
前回は、働き続けていても50歳以降になると給与が下がることが多いことを“中高年層「収入減への備え」”で説明しました。
一般的に子供が自立する50歳代は、教育費がなくなり生活費も安くなることから生活費にリンクして給与水準が決まる賃金体系では、年齢とともに給与が下がっていきます。
しかし、晩婚化が多い今の時代には、あわない給与体系になっています。

 

前回、中高年層の収入減少への対応として、以下を示しました。

  • 病気やケガの備えには医療保険
  • 病気やケガで働けなくなったときには就業不能保険
  • 死亡に備えて夫婦で死亡保険(定期保険)

 

今回は、老後資金作りの方法について、紹介します。

 

老後資金作りの方法

資金作りを考えるポイントには、以下があります。

  • 時間をかけるとリスクが少ない
  • 複利は時間をかけると大きく成長
  • マイナス利子の時代は税金をためる

 

老後資金作りには、以下の方法があります。

 

個人年金保険

リスクがないのと積み立てやすいメリットがありますが、利回りが低く長期積立てなのでインフレに弱いデメリットがあります。
保険料は、所得控除があり所得税で最大4万円、住民税で最大2万8000円控除されます。
所得控除で税金の安くなる目安は、以下のぐらいです。

  • 年収300万円〜500万円ぐらいで4800円
  • 年収700万円〜1000万円ぐらいで1万円
  • 年収1500万円ぐらいだと1万6300円

 

企業型確定拠出年金(DC)・個人型確定拠出年金(iDeCo)

掛け金と運用益が非課税になり、複利でたまるメリットがあります。
また受け取りにも退職金あるいは公的年金と同じ税金ですみます。
現状では最も有利な貯蓄法と言えますが、以下のデメリットもあります。

  • 原則60歳まで引き出せない(掛け金は増減できる)
  • 投資先の投資信託を自分で選ぶのが面倒と放置すると定期預金になり増えない

 

来年(2018年)から「つみたてNISA」が始まります。

 

「つみたてNISA」

NISAは、現在も加入できる投資法です。
「つみたてNISA」は、長期間の資金作りにメリットがあります。

 

現行のNISA

現行のNISAは、以下の特徴のある投資法です。

  • 投資信託だけでなく個別株式も購入可能
  • 年間元本120万円まで対象
  • 非課税運用期間は5年間

 

「つみたてNISA」

「つみたてNISA」は、以下の特徴のある投資法です。

  • 投資信託に限定(手数料が安く設定)
  • 年間元本40万円まで対象
  • 非課税運用期間20年間(20年間資金作り)
  • いつでも換金可能
  • 現行NISAと併用できない(どちらかを選択)

 

「つみたてNISA」で利回り3%で運用できると20年後には、元本720万円、運用益260万円の約980万円を超えます。
利回り3%は、非常に高利率に見えますが、投資信託では大きなリスクをとらずに可能です。
投資信託の運用利子については、次回紹介する予定です。