無料保険相談はこちら

生命保険おすすめランキング > 生命保険の選び方 > 働けなくなったときの備え 東京海上あんしん生命「家計保障定期保険NEO 就業不能保障プラン」

働けなくなったときの備え 東京海上あんしん生命「家計保障定期保険NEO 就業不能保障プラン」

ソファーに座る家族
  
病気やケガで働けなくなったときの備えとして就業不能保険を紹介しています。
就業不能保険は、生命保険会社と損害保険会社で販売しています。
今まで、以下の就業不能保険を紹介しました。

 

生命保険会社

以下の就業不能保険を紹介しています。

 

 

損害保険会社

 

 

公的給付と福祉サービス

病気やケガで障害が残ると年金や健康保険からの公的給付と身体障害者向けの福祉サービスを受けることができます。
公的給付については、“就業不能に備える保険「公的給付も検討」”で紹介しています。

 

身体障害者手帳は、身体障害者を対象とする福祉サービスを利用する際に提示する手帳で身体障害者の証明書に当たります。
身体障害者手帳は、居住地の都道府県知事(あるいは政令指定都市、中核市の市長)が発行します。

今回は障害者等級を説明し、福祉サービスは次回に紹介します。

 

障害者等級

障害者等級は、障害の程度を示し第1級〜7級まであります(障害によりない等級もあります)。
等級数が少ないほど、重度の障害です。
障害は、からだの各部位ごとの決められていて、7級の場合単独の部位だけの障害では身体障害者手帳の発行はなく、障害が重複して発行されます。

障害は、以下のように決められています。

  • 視覚障害
  • 聴覚又は平衡機能の障害
  • 音声・言語機能又は咀嚼機能の障害
  • 肢体不自由
  • 心臓・腎臓あるいは呼吸器・膀胱、直腸、小腸、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫障害

 

身体障害者手帳の障害者等級と障害年金受給の障害等級とは別の制度で等級も別です。
障害者手帳と障害年金を受給するには、それぞれの等級に認定を受ける必要があります。

 

障害者等級の例「視覚障害」

視覚障害を例に障害者等級の対象を示します。

    • 1級

両眼の視力の和が0.01以下の人です。

    • 2級

両眼の視力の和が0.02以上0.04以下、あるいは両眼の視野がそれぞれ10度以内で両眼による視野について損失率が95%以上の人です。

    • 3級

両眼の視力の和が0.05以上0.08以下、あるいは両眼の視野がそれぞれ10度以内で両眼による視野について損失率が90%以上の人です。

    • 4級

両眼の視力の和が0.09以上0.12以下、あるいは両眼の視野がそれぞれ10度以内の人です。

    • 5級

両眼の視力の和が0.13以上0.2以下、あるいは両眼による視野2分の1以上がかけている人です。

    • 6級

1眼の視力が0.02以下で他眼の視力が0.6以下で両眼の和が0.2を超える人です。

 

「家計保障定期保険NEO就業不能保障プラン」

非喫煙優良体に保険料の割引がある保険で以下の特徴があります。

 

死亡又は高度障害状態になると毎月一定の給付金を支給

万一の場合に、残された家族に給与のように毎月一定額が支給されます。
通常の場合は遺族年金が支給されるので、毎月の生活費の不足分をカバーします。

 

5疾病で入院し治療を受けると一時金を支給

5疾病は以下の疾病(所定の疾病状態)で入院衣料、差額ベット、家族の交通費などにあてることができます。

  • 悪性新生物(がん)
  • 急性心筋梗塞
  • 脳卒中
  • 肝硬変
  • 慢性腎不全等

 

働けなくなると毎月給付金を支給

対象は、以下の2つの状態です。

  • 上記の5疾病で働けなくなった場合
  • 病気やケガで寝たきりや認知症により介護が必要になった場合(180日以上継続)

 

所定の疾病あるいは要介護状態になると保険料払込免除

対象は、責任開始日から90日経過し、5疾病で所定の疾病状態あるいは病気やケガで所定の要介護状態になると以降の保険料の払込が不要となります。

 

非喫煙者は保険料を割引

過去1年間喫煙していない告知と喫煙検査(受動喫煙等の影響で検査に通らないこともあるそうです)を受けて非喫煙者と認定されると保険料が割り引かれます。

 

保障内容と保険料の目安

 

保障内容の例

以下の保障内容で保険料の目安を示します。

  • 保険期間・保険料払込期間60歳まで
  • 死亡又は高度障害状態の月額給付金15万円(保険期間、最低支払保証期間2年)
  • 入院給付金月額10万円(保険期間)
  • 働けなくなると月額給付金10万円(給付金支払期間2年)
  • 保険料払込免除特約、5疾病・重度介護保障特約付き

5疾病で働けなくなった場合、または所定の要介護状態になると一時金200万円を支給する特約がありますが、下記の保険料の目安には含んでいません。

 

保険料の目安

上記保障内容のケースでの月額保険料の目安を示します。

  • 30歳男性で非喫煙者は5,090円で標準保険料は5,600円
  • 30歳女性で非喫煙者は3,555円で標準保険料は4,805円
  • 40歳男性で非喫煙者は6,465円で標準保険料は7,090円
  • 40歳女性で非喫煙者は4,390円で標準保険料は5,175円
  • 50歳男性で非喫煙者は7,570円で標準保険料は8,240円
  • 50歳女性で非喫煙者は4,875円で標準保険料は5,535円