無料保険相談はこちら

生命保険おすすめランキング > 生命保険の選び方 > 保険料が戻るメディケア生命「医療終身保険メディフィットリターン」

保険料が戻るメディケア生命「医療終身保険メディフィットリターン」

Dollarphotoclub_87119065
 

お祝い金のでる医療保険はありますが、医療保険は基本的に掛け捨ての保険です。
メディケア生命が2016年11月に発売した医療終身保険(無解約返戻金型)健康還付給付特則適用「メディフィットリターン」の販売が好調です。

健康還付給付を受けることで、それまでの主契約の払込相当額が最大105%戻ります(100%にすると保険料が抑えられます)。
健康還付給付は加入年齢により選択でき、払込済みの保険料の総額から受け取り済みの入院給付金などを差引いた額が健康還付給付金として戻り、戻ったあとも同じ額の保険料で保障が一生涯続きます。
掛け捨てでない医療保険は、日本初とのことです。

 

メディフィットリターンの特長

メディフィットリターンは、以下の特徴のある保険です。

  • それまでに払い込んだ保険料の全額(あるいは105%)が戻る健康還付給付金
  • 3大疾病による入院保障や手術保障も充実

 

保障と貯蓄機能のある保険を求めている人や健康に自信のある20〜40歳代で近い将来の医療保障の必要性はそれほど感じないが中高年以降の医療保障の必要性は感じている人に、貯蓄機能を持つ健康還付給付金の給付と給付以降も以前と同じ割安の保険料で保障が一生涯続く若年層向けの保険です。

 

健康還付給付金

健康還付給付金は、以下の機能を持っています。

  • 健康還付給付金支払日まで生存していると健康還付給付金を受け取れる
  • 給付金をもらった後も保険料は同じ
  • 健康還付給付割合は、100%か105%を選択
  • 健康還付給付金を受取るとそれまでの保険料は実質ゼロ

 

健康還付給付金支払年齢

健康還付給付金支払年齢は、給付割合(100%と105%)と加入年齢で変わります。

 

給付割合100%のケース

給付割合100%のケースの支払年齢は、以下になります。

  • 0〜40歳では、60・65・70歳から選択
  • 41〜45歳では、65・70歳から選択
  • 46〜50歳では、70歳
  • 51〜55歳では、75歳
  • 56〜60歳では、80歳

 

給付割合105%のケース

給付割合105%のケースの支払年齢は、以下になります。

  • 0〜40歳では、65・70歳から選択
  • 41〜45歳では、70歳から選択
  • 46〜50歳では、75歳
  • 51〜55歳では、80歳

 

保障内容と保険料の例

保障内容と保険料の例を示します。
健康還付給付金額は、それまでに支払わられた給付金があるとその給付金額を差引いた額になります。

 

保障内容

以下の保障内容で保険料の例を示します。

  • 保険期間:終身
  • 基本金額:日額5千円
  • 上限入院日数:1入院60日(7大習慣病では120日、3大疾病では無制限)
  • 手術保障:入院は基本金額の10・20・40倍(外来入院は5倍)
  • 放射線治療・骨髄移植手術:基本金額の10倍
  • 健康還付給付金給付割合105%

 

保険料の例

上記内容(健康還付給付金支払年齢は65歳)のケースでの月額保険料は、以下になります。
かっこ内は健康還付給付金額です。

  • 20歳男性保険料3,055円(1,732,185円)
  • 30歳男性保険料4,130円(1,821,330円)
  • 40歳男性保険料5,395円(1,699,425円)
  • 20歳女性保険料3,415円(1,936,305円)
  • 30歳女性保険料4,240円(1,869,840円)
  • 40歳女性保険料5,065円(1,595,475円)