無料保険相談はこちら

生命保険おすすめランキング > 生命保険の選び方 > 人生100歳時代の備え「トンチン年金」

人生100歳時代の備え「トンチン年金」

yongman
 

女性の2人に1人、男性の4人に1人が90歳まで生きる時代になりました。
2045年には平均寿命が100歳になると予想され、現在(2017年)40〜50歳代の多くの方は人生100歳の時代を迎えます。

40〜50歳代の方でも、50年先を予測することは困難ですが、老後資金を増やす方法について前回人生100歳時代の備え「公的年金繰り下げ受給」で準備する案と、案の中の1つ「公的年金繰り下げ受給」を紹介しました。

 

老後資金作り

平均寿命が段々と伸びていることを考えると、公的年金の終身給付は非常に重要です。
マイナス金利の現在(2017年)のところ、金利に期待できなくても非課税分を金利に相当すると考えると以下の方法での老後資金作りが有効です。

  • 掛金と運用益が非課税のiDeCoなどの確定拠出年金
  • 運用益が非課税の2018年から始まる「つみたてNISA」など

 

最も期待されるiDeCoは、60歳あるいは65歳から年金で受給できますが年金期間の決まっている有期年金です。
前回の、「公的年金繰り下げ受給」と組み合わせると以下のようになります。

  • 70歳までは公的年金を繰り下げ受給にしてそれまでをiDeCo年金で資金準備
  • 70歳からは42%アップの公的年金で生活

 

このようにできれば、以下のように暮らすことが考えられます。

  • 70歳からの基本生活費や在宅介護は繰り下げ受給した公的年金と介護保険
  • 冠婚葬祭費・臨時出費や介護リフォーム・介護施設入居費は別途資金準備

 

公的年金の70歳繰り下げ受給は決まっている制度で、誰でも繰り下げ(あるいは繰上げ)受給を手続きできます。
最近(2017年)75歳からの繰り下げ受給がとりざたされています。
健康寿命が男性71.19歳、女性74.21歳(平成26年)であることを考えると、現時点での公的年金の75歳からの受給は現実的とは思えませんが、人生100歳時代には年金額が2倍になる(と思われる)ことから下で解説しているトンチン年金と似ているとも言え受け入れられるようになるかもしれません。

 

個人年金保険

iDeCoやNISAに期待したいところですが、参加者が運用する資金作りなので基本的に運用方法(実際には投資信託商品の選択)は参加者に求められます。
これが、iDeCoなどの確定拠出年金(拠出する掛金が決まっていて年金額は運用成績による)の言葉の意味で、公的年金は年金額が決まっているので確定給付年金と呼ばれます(掛金が決まっているのが確定拠出年金、年金給付額が決まっているのが確定給付年金)。

 

運用を専門家の保険会社に任せて、期限が来ると年金を受給するのが個人年金保険です。
以前ですと収益の目安となる予定利率が5%以上あった時期もありましたが、現在では1%にも満たない状況で、個人年金保険などの増やす保険は苦しい時代が続いています。
その中で、期待できる年金保険に以下があります。

  • 外貨建個人年金(終身年金)
  • 長生きすると有利なトンチン年金

 

外貨建個人年金(終身年金)は、外貨建定額個人年金保険マニュライフ生命「パワー・カレンシー」で紹介しました。

 

トンチン年金

トンチン年金と言う変わった名前の年金ですが、17世紀のイタリアの銀行家ロレンツォ・トンティ氏の考えた制度に由来します。
トンチン年金は、加入者の死亡保険金を少なくして浮いた分を長生きしている他の加入者の年金原資に回す仕組みです。
保険料払い込み期間中の解約返戻金を減らして満期の保険金を増やす保険と似ていますが、減った分が自分に戻って来るのと他の参加者に回る違いがあります。

米国では以前からあった保険ですが、日本ではここ1〜2年に販売され始められ、販売は順調とのことです。

トンチン保険の実際の商品紹介は、次回以降に行います。