無料保険相談はこちら

学資保険返戻率ランキング > 商品比較レビュー > 離婚したら学資保険はどうなる?

離婚したら学資保険はどうなる?

離婚したら学資保険はどうなる?

現代の社会的な事情により、離婚する夫婦が増えてきているのは事実です。
万が一離婚してしまった場合、学資保険はどうなるのでしょうか?
学資保険は毎月大切なお金を積み立て、教育資金に貯めていたものです。
子供のためにどうすれば良いのでしょうか。
また面倒な手続きなどはあるのでしょうか?
もし離婚してしまったときどうすればいいか考えてみましょう。

学資保険も財産分与の1つ

離婚してしまった場合、財産分与などが必要なものは不動産や、家のローン、車など必要になります。
貯蓄や生命保険や有価証券等、名義を変えることなど必要なことがあります。
学資保険も、その対象になっています。
また対象にならないものは贈与で相続したものや、結婚前から自分で持っていたものなどです。
学資保険も離婚後に手続きをしていきましょう。

離婚したからといって手続きをしてくれるわけでは無い

離婚したらすべてのものが勝手に財産分与されるわけではありません。
すべて手続きが必要になります。学資保険の手続きも間違うことが大切です。

離婚後の学資保険

離婚した場合、生活水準が低くなるために、保険料を払うことができず解約することが増えています。
そのため契約者貸付などを利用してしばらくの間借りながら支払うこともできます。
契約者貸付は保険会社から借りることになるのですが、消費者金融よりも金利が低く借りやすいのです。

離婚している間も保険料を払っていれば

保険料を払っていれば、離婚している間に、契約者に万が一のことがあったときに保険会社が支払う保障があります。

親権のある方に契約者変更を

親権のあるほうに契約者を変更する方がトラブルにならずに済みます。
万が一のことがあったときにすぐに対応することができます。
そのため面倒かもしれませんが、早めに契約者を変更するのが良いでしょう。

最後に

離婚はしていても契約者がしっかりと保険料を払っていれば貯めていたお金を受け取ることができますので手続きをしっかりとし保険料を払っていきましょう。

学資保険と一番比較される【低解約返戻金型保険】

主婦の方に学資保険と一番比較されて中で一番の人気商品は、オリックス生命の【ライズ(RISE)】という貯蓄型保険商品です。

→資料請求はこちら