無料保険相談はこちら

学資保険返戻率ランキング > 商品比較レビュー > 学資保険の月額平均料金はいくら?相場を検証!

学資保険の月額平均料金はいくら?相場を検証!

学資保険の月額平均料金はいくら?相場を検証!

学資保険の支払い額は大体皆どのくらい支払っているのでしょうか?
毎月支払いやすい金額で貯めることができるのでしょうか?
支払いやすい金額で支払いが可能なのでしょうか?学資保険の相場を考えてみましょう。

学資保険の平均の相場は?

ほとんどの家庭では月1万円強から2万円位が1番支払っている家庭が多いです。
その次に多いのが、5千円から1万円未満になっています。
中には2万円以上払っている家庭もあるようです。しかし2万円以上支払う家庭はとても少ないようです。

どのくらい貯めれば良いの?

学資保険に全てをまかなってしまうのは、金額が高すぎて支払いを払えなくなることや、保険会社が倒産するなどのリスクなどを考えても、やめておいた方が良いでしょう。
大体200万円から250万円を満期受け取り額にして、大学入学時の備えに用意している家庭が多いようです。実際には大学は公立が520万円位私立が690万位かかると言われています。
月1万円を18年間貯めると216万円になりますから、1万円でも貯金をすればそのような金額になります。

貯蓄の金額を少し変えるだけでもさが大きい

また、月1万円と1万5,000円では溜まった時の金額がかなり違います。18歳満期にすると金額の差が120万円になります。毎月少しの差ですが、チリも積もれば山となるのでそのようなことも考慮して考えていきましょう。

まとめ払いもできる

月払いばかりではなく、一括払いや年払い、半年払いからもあります。
まとまった動かさない貯蓄がある場合は月払いよりも有利なことが多いので、こちらを利用するとよいでしょう。銀行に貯蓄するよりは戻ってくる率は良いでしょう。

最後に

各家庭でいろいろな貯め方を検討されていたり、事情がありますので、それに合わせて貯めていくのが良いでしょう。
また、たくさん支払うことによって良いこともありますが、途中で支払えなくなってくると、保険を解約すると損をしてしまいますので、支払いやすい金額の方が良いでしょう。

学資保険と一番比較される【低解約返戻金型保険】

主婦の方に学資保険と一番比較されて中で一番の人気商品は、オリックス生命の【ライズ(RISE)】という貯蓄型保険商品です。

→資料請求はこちら