無料保険相談はこちら

学資保険返戻率ランキング > 商品比較レビュー > 学資保険の月額コスト1万〜2万以内の商品は?

学資保険の月額コスト1万〜2万以内の商品は?

学資保険の月額コスト1万〜2万以内の商品は?

学資保険の平均と言われている月1万円から2万円以内の商品はどんなものでしょうか?
払い安い金額で教育資金に備えたいと思っています。
実際にどのような商品があるのでしょうか?

満期金額を決める

実際の支払いに1万円から2万円の間でかけることができれば、400万から450万円貯めることも夢ではありません。
実際に理学や医療の学校に進む場合は必要となる金額です。
フコク生命のみらいのつばさでは大体400万円貯めたければ1万6,000円位の払い支払いになり、ニッセイの学資保険では450万円貯めたければ1万8000円位の支払いになります。
またアフラックやソニーなどもとても返戻率が高いので返戻率重視の場合はそちらを利用してみてはどうでしょうか。

元本割れしていないか?

お金を貯める時には元本割れしていないかを気にしましょう。
特約などをつけると元本割れをして貯めた以上にお金が減ることもあります。また、必要のない部分は減らすこともできますので保険会社に相談しましょう。
また月々の支払いの金額を払いやすい金額に変えたり、満期の金額を変えることも可能です。
医療保険を特約としてつけていた場合は満期とともに医療保険も切れてしまうので、別の保険に入ることも検討していかなければいけません。

医療保険は別の保険がある

医療保険は医療保険だけの掛け捨ての保険もあります。
特約をつけてしまうと元本割れをして貯めた金額が減ってしまいます。そのような特約をつけないで医療保障が欲しい場合もあります。
掛け捨ての医療保険に入ってはいかがでしょうか?医療保険が途中で切れる心配もないですし、教育資金が減るのを防ぐことができます。

最後に

1万円から2万円の間で自由に金額を決めることができれば、かなりの金額を貯めれることがわかりました。
安心して受けることができるので、支払いな途中で途切れることがないようならば貯めてみてはいかがでしょうか?満期に400万円から450万円あれば安心して教育に臨むことができます。

学資保険と一番比較される【低解約返戻金型保険】

主婦の方にみらいのつばさの商品と一番比較されて中で一番の人気商品は、AIG富士生命生命の【E-終身】という貯蓄型保険商品です。
保険加入の目的をどこに設定するかによりますが、貯蓄だけのことを考えると学資保険より【低解約返戻金型保険】の方がよいからだと言えるでしょう!
貯蓄を考えるのであれば、AIG富士生命生命【E-終身】を検討に挙げるのは非常によいかと思います。

→AIG富士生命生命【E-終身】の資料請求はこちら