無料保険相談はこちら

学資保険返戻率ランキング > 学資保険のよくあるご質問 > 妊娠中から保障が受けられる出生前加入特則とは?

妊娠中から保障が受けられる出生前加入特則とは?

妊娠中から保障が受けられる出生前加入特則とは?

学資保険はいつから入れば良いのでしょうか?
妊娠中、学資保険に入る人も多いです。妊娠中に入るメリットはあるのでしょうか?

妊娠中からゆったりと学資保険について考えられる

学資保険についてゆったりと考えることができるのでいろいろな資料を比べることができます。
予定日の140日前から入ることができますので、体調が悪くなる前で、妊娠6ヶ月安定期に入る頃に落ち着いて考えるのは良いでしょう。
妊娠後期になってくるとお腹のハリが気になったり、入院準備などで忙しくなってしまいます。

保険料が安くなり嬉しい

契約者が若ければ保険料が安くなりますね。
支払保険料の金額が少しでも安くなります。妊娠出産までの期間は10ヶ月ほどありますので、早めに入る方がお得になっています。
妊娠から支払うわけではなく、毎月の保険料の支払いは子供が生まれた後ですが、申し込みの第一回目の保険料は先に振り込む必要があります。

万が一のことがあった場合保険料は払い戻しになる

学資保険の契約し、生まれるこど万が一があったときには契約が無効になります。保険料を払い込む負担もなくなります。

子供の医療特約がつくのは出生後になります!

子供のための貯蓄が主なので出生前の学資保険は貯蓄のみになります。医療保険などをつけることができません。
また万が一子供が未熟児だったりした場合は、医療特約をつけることができないこともあります。
入院特約を付けたい場合は各社いろいろな保険がありますので、いろいろな保険を検討しても比較することが大切です。
しかし、保障タイプの学資保険は、返戻率が低いために、元本割れをする可能性がありますので、貯蓄を主にした人は、医療保障は別の方が良いでしょう。

まとめ

妊娠中は学資保険に入るとお得になるか伝えてみました。
子供が学資保険に入ることができるのは年齢制限もありますし、早く入ったほうがお得なので、メリットがあると言えるでしょう。

学資保険と一番比較される【低解約返戻金型保険】

主婦の方にみらいのつばさの商品と一番比較されて中で一番の人気商品は、AIG富士生命生命の【E-終身】という貯蓄型保険商品です。
保険加入の目的をどこに設定するかによりますが、貯蓄だけのことを考えると学資保険より【低解約返戻金型保険】の方がよいからだと言えるでしょう!
貯蓄を考えるのであれば、AIG富士生命生命【E-終身】を検討に挙げるのは非常によいかと思います。

→AIG富士生命生命【E-終身】の資料請求はこちら

学資保険ランキング