無料保険相談はこちら

学資保険返戻率ランキング > 学資保険のよくあるご質問 > 学資保険を契約した保険会社が破綻(倒産)した場合どうなるの?

学資保険を契約した保険会社が破綻(倒産)した場合どうなるの?

子供たちの未来を考えて、入った学資保険。いざ使おうとする前にあってはならないことですが、保険会社が破綻してしまったということもあります。
長い間積み立てて、貯めていたお金はなくなってしまうのでしょうか?学資保険のメリットはどうなってしまうのでしょうか?
保険会社が破綻した時は、どのような仕組みになっているのか知り、一緒に考えてみましょう。

保険会社が破綻した時

まず大事に保険会社は破綻したときのために保険契約者保護機構と言うものに入っています。
このおかげで新しい保険会社の引き受け手を見つけてくれたり、自らが保険会社を立ち上げて保険の契約者を守ります。
また更生特例法と言うものもあり、裁判所に経営破綻しそうなことを認めてもらい助けてもらうものです。
業務を引き継いでくれる会社を裁判所が見つけてくれます。なるべく最小限のダメージで済むように働きかけてくれます。

戻ってくるのはいくらなの?

保険契約者保護機構のおかげで90パーセント戻ってくるような話がありますが、実際は1本1本の保険により異なってきます。
少ししか戻らないようなこともありますし全額戻ってきたりもあるそうです。
掛け方や掛け金も違ってくるからですが、ゼロになると言う事はなさそうですね。
しかし、引き継ぎの保険会社からたくさんの人が保険を辞めてしまうとやはり減額を覚悟していたほうが良いでしょう。
またダメージが1番大きいのは貯蓄型の学資保険です。

保険会社の経営状態や評価がわかるものもある!

保険会社の支払い状態の余裕をがわかるソルベンシーマージン比率の評価がありますのでそちらを参考にしても良いでしょう。
しかしいつまでもよい評価とは限らないので常にチェックを入れることが大切です。

学資保険に頼り過ぎない

保険会社のリスクのこともあり学資保険にすべての教育費を任せず、半分は自分で積み立てをしたり貯金をしている人も多いです。
また自分で資金運用をしたりしてリスクを最小限に抑えている人もいます。
学資保険はとても良い物だと思いますがリスクのことも考えて入るべきでしょう。

学資保険と一番比較される【低解約返戻金型保険】

主婦の方にみらいのつばさの商品と一番比較されて中で一番の人気商品は、AIG富士生命生命の【E-終身】という貯蓄型保険商品です。
保険加入の目的をどこに設定するかによりますが、貯蓄だけのことを考えると学資保険より【低解約返戻金型保険】の方がよいからだと言えるでしょう!
貯蓄を考えるのであれば、AIG富士生命生命【E-終身】を検討に挙げるのは非常によいかと思います。

→AIG富士生命生命【E-終身】の資料請求はこちら

学資保険ランキング