無料保険相談はこちら

学資保険返戻率ランキング > 学資保険のよくあるご質問 > 学資保険で被保険者の子供の親が死亡して場合は?

学資保険で被保険者の子供の親が死亡して場合は?

 学資保険で被保険者の子供の親が死亡して場合は?

学資保険でメリットと言えることは?

大きなメリットの1つとし被保険者の親が死亡してしまったときに、残りの保険料の払い込みが免除となり満額受けとることができるということです。
大切な子供の将来のために学資保険に入っておくと何かあったときに備えになります。
これがついているために学資保険に入る人も多いのではないでしょうか?

どのように手続きをすればよいのでしょうか?

保険会社に契約者が死亡してしまったことを伝えます。
伝えなければこのような、契約者死亡後の保険金免除になる事はありません。
しっかりと申請をしていきましょう。
忘れたりすることがないようにします。
また、事故などで万が一小さな子供1人だけ生きていた場合は保険会社に連絡をすることが出来ません。
保険会社にその旨を伝えるべき大人がいなければいけません。
信頼できる身内などに学資保険に入っていて、万が一の際は保険会社に連絡するように、その旨を話しておきましょう。

養育年金がついている学資保険もあります!

保険会社に契約者が死亡してしまったことを伝えます。
養育年金とは毎年満額の何パーセントかが年金として支払われることになります。
会社のよって違うのでそこはチェックした方がいいと思います。
例えば満額が100万のところに入っていたとすれば60パーセントと言う決まりがあれば毎年60万円給付されることになります。
そのような保険をつけたい人もいるのでいろいろな保険を調べてみるのも良いでしょう。
しかし養育年金は貯蓄するには返戻率が少なく、元本割れがありますで貯蓄重視の人は考えたほうがいいかもしれません。
様々なメリットがある保険がありますが、メリットとデメリットを把握しておきましょう。

最後に

万が一のために保険会社に連絡するネットワークをしっかり作りましょう。
学資保険に入っていなく親が亡くなるケースも多々あると、聞いたことがあります。
大切な子どもにかけていくことは、出来るならしてあげたいと誰もが思うのではないでしょうか。
子どもの未来に保証をつけれる学資保険っていいですね。

学資保険と一番比較される【低解約返戻金型保険】

主婦の方にみらいのつばさの商品と一番比較されて中で一番の人気商品は、AIG富士生命生命の【E-終身】という貯蓄型保険商品です。
保険加入の目的をどこに設定するかによりますが、貯蓄だけのことを考えると学資保険より【低解約返戻金型保険】の方がよいからだと言えるでしょう!
貯蓄を考えるのであれば、AIG富士生命生命【E-終身】を検討に挙げるのは非常によいかと思います。

→AIG富士生命生命【E-終身】の資料請求はこちら

学資保険ランキング