無料保険相談はこちら

学資保険返戻率ランキング > 学資保険のよくあるご質問 > 学資保険に加入できない場合はどんな時?

学資保険に加入できない場合はどんな時?

学資保険に加入できない場合はどんな時?

学資保険を検討される方のほとんどは、子供の教育費用の積立てや、親である自分に万が一何かあった場合の事を考え加入を決めております。
払込期間、払込金額、受取時期が自由に選べるので、とても活用しやすいです。
また、銀行にお金を預けた場合よりも学資保険を使った方が受け取れる金額が高くなる事が多いので、払込完了まで支払える方は加入された方がお得になります。
しかし、条件によっては学資保険に加入できない場合もございます。
今回は、加入しづらい条件を2つ程、ご紹介させて頂きます。

(1)契約者に持病がある

教育費の準備が主な目的ですが、契約者に万が一のことがあった場合には払込を保障してくれるものですので生命保険と同様に持病があると入れない場合や、条件が付くことがあります。
持病に関してだけ保障の対象外になるなどの措置をとる会社もあるので事前に確認しておきましょう。

また契約者が命に落とす確率の高い職業に就いている場合にも、加入できないことがあります。
契約者と同様に子どもの健康状態がよくなかったり、大きな病気にかかった事がある場合には、入れない場合もございます。

(2)契約者が高齢

契約者が高齢になれば、それだけ死亡確率も上がるので、年齢によっては入れない場合があります。
晩婚化や遅くに子どもを授かるなど両親が高齢の場合もありますし、孫のために祖父母が契約者になることを希望する場合もあります。
一般的には、60歳までと年齢制限が定められおりますので、資料請求や保険会社に直接ご確認してみてください。
実際にファイナンシャルプランナーと面談を行い相談した方が早いかもしれません。
また契約者の年齢が高いほど月々の支払い額もあがるので、自分にあったプランを無理のない範囲で早めに契約するのがよいかと思います。
子どもにも年齢制限がありまして、一般的には15歳までとなっております。

最期に

持病や年齢制限によって学資保険に入れないケースはございますが、保険会社によって取り扱いが異なります。
また、新しいプランや条件が次々と出されるので、諦めずに信頼のおける保険会社や担当者を見つけて納得の行く保険に出会えるようにしましょう。

学資保険と一番比較される【低解約返戻金型保険】

主婦の方にみらいのつばさの商品と一番比較されて中で一番の人気商品は、AIG富士生命生命の【E-終身】という貯蓄型保険商品です。
保険加入の目的をどこに設定するかによりますが、貯蓄だけのことを考えると学資保険より【低解約返戻金型保険】の方がよいからだと言えるでしょう!
貯蓄を考えるのであれば、AIG富士生命生命【E-終身】を検討に挙げるのは非常によいかと思います。

→AIG富士生命生命【E-終身】の資料請求はこちら

学資保険ランキング