無料保険相談はこちら

学資保険返戻率ランキング > 学資保険のメリット・デメリット

学資保険のメリットとデメリット

学資保険のメリット

ご契約者に万が一の事があった場合は、その後の支払いが免除される!

商品にもよりますが、ほとんどの商品が、契約者の方がお亡くなりや高度障害状態になった場合、その後の支払いの免除されます。
また、お祝い金・満期金は保険料が支払われたものとして、受け取る事ができます!

貯金より貯蓄性が高い!貯金忘れを防ぐ!

一番の魅力的なメリットは、貯蓄性が高い所でしょう。
また、貯金は生活費の後回しになって全然貯まらないという場合があるので、 貯金忘れの為など加入者によって理由は異なるようです。

対象のお子さんに万が一の事があった場合保険金がもらえる!

こちらは全ての商品ではなく、特約をつけた場合です。
ただ、学資保険の場合、特約を付けて元本割れする場合もあるので、確認が必ず必要です。
貯蓄目的であれば特約は入らない方がよいかもしれません。

税金面で優遇される!

保険を受け取る満期金は、所得税の対象になってしまいますが、 受け取った保険金の金額から払い込みを行った金額を差し引いて更に特別控除額50万円を差し引いた金額となりますので、 50万以下の場合には税金がかからず済みます。

学資保険のデメリット

途中解約の場合、元本割れの可能性がある!

一番のリスクは、途中で支払えなくなる事で止むなく、解約しないといけない場合は、 ほとんどの場合100%は戻ってこないと考えておいた方がよいでしょう。
ただ、5年や10年払い込み等の支払い方もありますので、心配な方は先に支払ってしまう方がよいかもしれません。

学資保険と一番比較される【低解約返戻金型保険】

主婦の方に学資保険と一番比較されて中で一番の人気商品は、オリックス生命の【ライズ(RISE)】という貯蓄型保険商品です。

→資料請求はこちら

学資保険ランキング