無料保険相談はこちら

学資保険返戻率ランキング > はじめてのかんぽ(かんぽ生命)口コミ・評判

はじめてのかんぽ(かんぽ生命)口コミ・評判

かんぽ生命【学資保険】
かんぽ生命学資保険

かんぽ生命の学資保険「はじめのかんぽ」には様々なポイントが満載の保険になっています。

返戻率の高さがポイント!

様々なプランが準備されている「はじめのかんぽ」中でも、新プランの「大学4年間」の準備コースの場合、12歳払いだと月払いで114.4%にもなり、 「はじまのかんぽ」の中でも高い返戻率になっています。
しかし、新プラン以外の返戻率は、やや低めになっている事も多くなっています。

医療特約

他の学資保険と同様、医療特約を付帯する事が出来ます。その中での大きな特徴と言えば、120日以上の長期入院が生じた場合、 一時金を受け取る事ができる点になっています。
さらに災害特約も付帯する事ができ、不慮の事故にも保障する事ができるようになっています。

出産前加入制度

なんと、子供が生まれる前から学資保険の加入ができるんです。
出産予定日の140日前から加入可能ですが、特約などは出産後に改めて付帯する必要があります。

準備に合わせて選ぶ事の出来る3つのコース

大学入学時

月々の保険料を抑えたい人には、17歳または、18歳まで払うタイプと戻り率を高くしたい人の 12歳までに払い終えるタイプの2パターンから選ぶ事が可能です。
一番お金のかかる大学入学時に焦点を合わせた学資保険のタイプになっています。

小・中・高+大学入学時

大学入学時はもちろんの事、小学校、中学校、高校入学前の12月にも一時金を受け取る事ができるタイプになっています。
この場合も、月々の支払額を抑えた17歳、18歳まで払うタイプと戻り率が高い12歳までに払い終わるタイプのものから選ぶ事が出来ます。

大学入学時+在学中

大学入学時だけではなく、在学中にも必要になってくるお金にも備える事のできるタイプで、 これにおいても、18歳まで払う方法と12歳までに払い終わらせる方法から選ぶ事が出来ます。

まとめ

これらのように、「はじめのかんぽ」には受け取り時の年齢や払い終わる年齢などを選ぶ事ができ、また、それによって返戻率も違ってくるのです。

学資保険と一番比較される【低解約返戻金型保険】

主婦の方に学資保険と一番比較されて中で一番の人気商品は、オリックス生命の【ライズ(RISE)】という貯蓄型保険商品です。

→資料請求はこちら

学資保険ランキング