無料保険相談はこちら

学資保険返戻率ランキング > 学資保険加入までの流れ > 告知義務違反の契約を解除に注意!

告知義務違反の契約を解除に注意!

告知義務違反の契約を解除に注意!

学資保険に入るには健康を告知しなければいけません。学資保険に入る時には様々な書類が必要ですが、特に告知書は大切なものです。
主に、告知書は自分の健康を証明するものなので、誠実に書き、信頼のあるものでなければいけません。
また他の書類も同様に正しい報告をし、信頼に傷をつけないようにしていきましょう。告知義務違反をすると契約を解除されることがある一方、中には告知義務違反のようなことをしても、条件によって告知義務違反にならないようなこともあるようです。どのようなことが告知義務違反になるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

告知義務違反が見つかると・・・

告知義務違反が見つかると、契約がなくなってしまったり、特約がなくなってしまったりするそうです。
保険に入りたいためにいろいろなことを考えて虚偽の報告をする人もいます。
後で見つかると大変なことになり、権利を失ってしまいます。
また保険の外交員などが虚偽の報告をするように伝えた場合は、本人のせいではありませんので権利がなくなる事はありません。
しかしそれを証明するものがないので結局は自分のしたことになってしまうことがあります。
やはり虚偽の報告はしてはいけないものです。

告知義務違反にならないこともある・・・

告知をしていなくても、責任開始日から2年以上経過している場合は告知義務違反になりません。
責任開始日と言うのは保険に入ってから、保険の権利を獲得した日です。また不治の病などの場合は2年以上経過しても伝えなければいけません。
保険会社がゆったりとしていて告知義務違反を知っていても1カ月以上経過している場合も告知義務違反になりません。
また告知義務違反と死亡の理由の因果関係が認められない場合も、大丈夫です。
その他にも、契約上あまり関係のないことや、重要ではない部分の告知義務違反や、保険募集人が告知義務違反するよう、そのように言ってきた場合は違反にはならないようです。

最後に

告知義務違反をすると契約を無効にしてしまうこともありますので、契約をするときには気をつけていきましょう。
書類等は丁寧に文字を書き、確認や見直しをしていきましょう。

学資保険と一番比較される【低解約返戻金型保険】

主婦の方にみらいのつばさの商品と一番比較されて中で一番の人気商品は、AIG富士生命生命の【E-終身】という貯蓄型保険商品です。
保険加入の目的をどこに設定するかによりますが、貯蓄だけのことを考えると学資保険より【低解約返戻金型保険】の方がよいからだと言えるでしょう!
貯蓄を考えるのであれば、AIG富士生命生命【E-終身】を検討に挙げるのは非常によいかと思います。

→AIG富士生命生命【E-終身】の資料請求はこちら