無料保険相談はこちら

学資保険返戻率ランキング > 学資保険加入までの流れ > 契約に必要書類は?

契約に必要書類は?

学資保険の契約に必要書類は?

学資保険に入るときに必要な書類はあるのでしょうか?入るときには何を用意すればよいのかわかりませんよね。
保険に入る時同様に色々な書類が必要になるようです。

信頼関係を作る書類

申込書や銀行の通帳など引き落とし先が分かるものやクレジットカードなどと、告知書や本人確認書類、意向書などが必要になります。
また書類を書くときは、戸籍上の字体で、はっきりと書くことや、契約書と被保険者の名前は契約者が記入する。
黒のボールペンで書く。印鑑は枠内にしっかりと押す。
間違えた時は二重線を引き、二重線の上に印鑑を押すなどあるので気をつけましょう。

クレジットカードや口座名義は契約者本人のもので

契約者の名前のクレジットカードや銀行の口座でなければいけないことになっています。
その理由の1つは贈与税の対象になってしまうことで不利益になる可能性があることです。
また、もし契約を止めてしまうなどの時に契約者が別であっては変えることができないということです。
そのため契約者本人の物を使用しましょう。
祖父母が払い込みをする場合は契約者の名前を祖父母にしましょう。

告知書はどんなことを書いているのですか?

告知書は健康のことなどについて書いています。
生命保険のように医師に確認をとることはありません。
ですので自分で健康状態を伝えることが大切です。
しかし自分に有利だからと言って虚偽の記入をしてしまうと告知義務違反になります。
告知義務違反になると契約や特約を解除されてしまうこともあります。
そうなるとお祝い金などを受けとれなくなってしまいますので、気をつけましょう。また書面で健康状態を伝えることが大切です。口頭で健康だと言ったからといって健康を告知したことにはなりません。

意向書とは?

契約内容の確認のためになります。
契約内容がよかったらはいにまるをものです。
機械的にまるをつける人もいますが確認してからまるをつけたほうがトラブルになりにくいです。

本人確認書類とは?

運転免許証や保険証など、公的な書類で、本人の確認を行います。
名前や住所、生年月日、職業などが分かるものが必要なことがあるときもあります。

最後に

保障がたくさんついた、育英年金や医療保障が付いたものだと審査が厳しいこともあるようです。
また学資保険は1つのところに断られても他のところに入れることもありますので、何件か候補をあげておくと良いようです。

学資保険と一番比較される【低解約返戻金型保険】

主婦の方にみらいのつばさの商品と一番比較されて中で一番の人気商品は、AIG富士生命生命の【E-終身】という貯蓄型保険商品です。
保険加入の目的をどこに設定するかによりますが、貯蓄だけのことを考えると学資保険より【低解約返戻金型保険】の方がよいからだと言えるでしょう!
貯蓄を考えるのであれば、AIG富士生命生命【E-終身】を検討に挙げるのは非常によいかと思います。

→AIG富士生命生命【E-終身】の資料請求はこちら