無料保険相談はこちら

学資保険返戻率ランキング > 学資保険加入までの流れ > 離婚後に学資保険の契約者変更する方法!

離婚後に学資保険の契約者変更する方法!

離婚後に学資保険の契約者変更する方法!

学資保険を契約者変更する方法は、どうしたらよいのでしょうか?
一生懸命貯めた学資保険ですのでこれからも継続していきたいものです。
また子供の教育費として大切なものです。
学資保険の契約者変更はめったにないことですが、離婚してしまった場合など必要なことがあります。

契約者の変更手続きは必要?

どの保険も契約を簡単には変えることができないようになっていますので、とても大変な作業でもありますが、離婚の親権が自分の方になっていたら契約者をそのままにしておいてはいけません。
後々のトラブルになる前に契約書を変更したほうがよいでしょう。

契約者変更について

保険会社のコールセンターなどに契約の変更について問い合わせをしてみることがまず大切です。
また郵便局などでは、窓口などで、問い合わせができるところもあります。
その旨を伝えてみましょう。一般的に保険の契約者は変更しづらくなっています。
そのために、必要な書類等もあります。
契約を変更する場合は現在の契約者が契約を変更しに来るか、旧契約者と新契約者で一緒に来るか、新契約書が旧契約者の印鑑証明を持ってくるなどが必要です。

契約を変える場合に必要な書類

保険会社によって必要な書類は変わってきますが、主に契約に必要なものは保険証券が必要になります。また、契約者本人を確認できる身分証明書や新契約者本人を確認できる身分証明書、印鑑、戸籍謄本、保険契約者承継請求書などです。
保険会社に問い合わせて聞いてみましょう。

新しい契約者の健康告知もある

新しい契約書が健康であるかによって保険が変更できないこともあります。
そのような時は学資保険を解約して、毎月定額を積み立て貯金するのもよいでしょう。
毎月定額を積み立てれば教育資金になります。

最後に

学資保険の契約者の変更のことについて簡単ですが知っておいた方が良いでしょう。
子供の教育資金のためのことなのですばやく行動して、安心して教育資金を貯めるようにしていきましょう。

学資保険と一番比較される【低解約返戻金型保険】

主婦の方にみらいのつばさの商品と一番比較されて中で一番の人気商品は、AIG富士生命生命の【E-終身】という貯蓄型保険商品です。
保険加入の目的をどこに設定するかによりますが、貯蓄だけのことを考えると学資保険より【低解約返戻金型保険】の方がよいからだと言えるでしょう!
貯蓄を考えるのであれば、AIG富士生命生命【E-終身】を検討に挙げるのは非常によいかと思います。

→AIG富士生命生命【E-終身】の資料請求はこちら