無料保険相談はこちら

学資保険返戻率ランキング > はじめての学資保険 > 学資保険と定期積み立てどちらがよい?

学資保険と定期積み立てどちらがよい?

学資保険と定期積み立てどちらがよい?

学資保険でお金を貯めるよりも積み立て預金の方が、普段の貯蓄がてらに貯めることができ自分で貯めていけば良いと思う人も多いのではないでしょうか。
実際にどちらが良いのか考えてみましょう。

お互いのメリット・デメリットを比較!

学資保険のメリット

学資保険は万が一契約者が亡くなってしまったときに、その後の支払いは保険会社がしてくれるという利点があります。
また返戻率も高いものを選べば積立預金よりもたくさん貯めることができます。
また税金控除の対象となります。お祝い金や満期の受け取り金は、所得税の対象になりますが、受け取り額と払込額の差がプラス50万以上にならなければ税金対象にはなりません。
また毎月の払いやすい金額で貯金ができるので、貯金がしやすいといえます。途中でやめることをすると損をしてしまうというのも貯金がしやすい理由のようです。

学資保険のデメリット

万が一会社が破綻してしまったときに保険会社は保護されることが銀行より少なく90パーセントしか戻ってきません。
また早く引き出してしまったり途中解約したときには金額が少なくなってしまったり、元本割れすることがあります。

定期積み立て預金のメリット

銀行で始めることができます。
銀行が破綻してしまった時に保護されているために100パーセント預金は戻ってきます。
またお金を早く引き出すこともできます。

定期積み立て預金のデメリット

契約者がなくなってしまったときに保障がありません。
途中でお金を引き出してしまう可能性もあります。
現在のところ利率が低いのであまり期待できませんが、万が一変動して利率が上がれば変わってくるかもしれません。

最後に

学資保険も定期積み立ても子供の教育のために貯めることに変わりは無いのですが、保障の面や返戻率を見ると戻ってくるお金も大きいので学資保険の方が有利と思えます。
しかし破綻することなども不安もあったら銀行の積み立ても良いのかもしれません。
どちらにするかよく考えて決めるとよいでしょう。

学資保険と一番比較される【低解約返戻金型保険】

主婦の方にみらいのつばさの商品と一番比較されて中で一番の人気商品は、AIG富士生命生命の【E-終身】という貯蓄型保険商品です。
保険加入の目的をどこに設定するかによりますが、貯蓄だけのことを考えると学資保険より【低解約返戻金型保険】の方がよいからだと言えるでしょう!
貯蓄を考えるのであれば、AIG富士生命生命【E-終身】を検討に挙げるのは非常によいかと思います。

→AIG富士生命生命【E-終身】の資料請求はこちら

学資保険ランキング