無料保険相談はこちら

学資保険返戻率ランキング > はじめての学資保険 > 学資保険と子供保険の違いは?

学資保険と子供保険の違いは?

学資保険と子供保険の違いは?

学資保険や子供保険名前が違いますがどう違うの?

子供ができたら検討するようになる学資保険や子供保険。
違いなどがあまりわからないまま、入るべきか入らないべきか考えたりしているうちに時間が過ぎていく人も多いようです。

そもそも学資保険とは?

学資保険は教育費を貯めるためにある保険です。
学資保険には返戻率と言うものがあり返戻率が高ければ支払った金額よりも満期になると戻ってくる額は高くなることが多いです。
また、加入者のほとんどが18歳までに支払いを終了して進学に備える方となります。

また満期のお金が戻ってくるのも様々な形があり、大学入学時に満期になって戻ってくるものもあれば、お祝い金と言って幼稚園、小学校、中学校、高校と入学時に出るものもあります。
お祝い金と言って出る場合は満期になった金額から分割して出ることになっています。

学資保険のメリット

学資保険に入ると、契約者がもしも死亡してしまったときには残りの支払いは保険会社が負担してくれます。
しかし一括払いの時はもしもの際に負担してくれていないこともありますので確認をしてこのメリットを生かすのも良いでしょう。

学資保険に特約はよい?

また最近は学資保険に特約と言って、医療保険が付いているものも多いようです。
その他に養老年金が付いているものもあります。

特約がついているものは返戻率が、低くなっていることがありますので、返戻率を取るかいろいろな保証が付いているのがよいか検討するのも良いでしょう。

子供保険はどんな保険なのでしょうか?

子供保険は医療保険になっています。
会社により、子供保険と言う名前の学資保険もありますので内容をよく見てみましょう。
子どもが怪我や手術、入院してしまったり、障害を持ってしまったり、もしもの際にお見舞い金があります。
また、第三者の所有物を壊してしまったときに保障する保険もあります。

最後に

子供保険も学資保険も返戻率と補償内容をよく吟味して入るのが良いようです。
自分は一体どのような保険が必要なのか、貯蓄がしたいのか保障を、充実させたいのか、自分の意思をしっかりと持つことが後悔しない保険選びになります。

学資保険と一番比較される【低解約返戻金型保険】

主婦の方にみらいのつばさの商品と一番比較されて中で一番の人気商品は、AIG富士生命生命の【E-終身】という貯蓄型保険商品です。
保険加入の目的をどこに設定するかによりますが、貯蓄だけのことを考えると学資保険より【低解約返戻金型保険】の方がよいからだと言えるでしょう!
貯蓄を考えるのであれば、AIG富士生命生命【E-終身】を検討に挙げるのは非常によいかと思います。

→AIG富士生命生命【E-終身】の資料請求はこちら

学資保険ランキング