無料保険相談はこちら

学資保険返戻率ランキング > はじめての学資保険 > 学資保険は、子供(赤ちゃん)が産まれる前に加入した方がいい?

学資保険は、子供(赤ちゃん)が産まれる前に加入した方がいい?

学資保険は、子供(赤ちゃん)が産まれる前に加入した方がいい?

学資保険に入りたいと思うのはいつなのでしょうか?

教育資金のことを考えると不安になりますが、実はお腹の中に赤ちゃんがいるときの方がゆったりと教育資金について考えることができます。
生まれてすぐは三時間起きの授乳などで、毎日の生活に必死です。
とても学資保険どころではありません。
またお金の内訳が変わってくるので自分たちの保険を見直す良い機会にもなります。
また保険料がとても安く入れるので、ほとんどの方が0歳で入っています。

出産予定日の何日前から入れるのでしょうか?

大体140日前や90日前と決まっていることが多いようです。
各保険会社に確認してみましょう。
早めに始めることにより保険金の金額が少なくなるのでとても良いです。

出産する前からメリットが受け取れる!

例えば契約者が亡くなってしまった場合育児年金等がついてる保険だと受け取れることになります。
契約者がなくなってしまった、その後の保険金の支払いもせずに満額受け取ることができるのもいいメリットです。出産する前にそのような状態を作っていると安心することができます。
また子どもが死産だったとしても支払った保険金がそのまま返ってくるだけなのでデメリットはありません。

夫の保険を見直すチャンスでもある。

学資保険に入ることにより死亡した際の死亡保険金等が変わってくるので、どちらもゆとりのある時にかけていたほうが良いかもしれません。
妻の保険は帝王切開することなどあるので妊娠する前からしっかりしたものに入っておく方が良いでしょう。

最後に

出産前に学資保険に入ることは多いにメリットになります。
なかなかお金を貯められない人や管理することができない人も保険だと引き落としですから、気楽に貯めれることもたくさんあります。
教育費用全てを学資保険にすることはありませんが、早く学資保険に入っておくことでより教育費を貯めやすくなることは間違いありません。

学資保険と一番比較される【低解約返戻金型保険】

主婦の方にみらいのつばさの商品と一番比較されて中で一番の人気商品は、AIG富士生命生命の【E-終身】という貯蓄型保険商品です。
保険加入の目的をどこに設定するかによりますが、貯蓄だけのことを考えると学資保険より【低解約返戻金型保険】の方がよいからだと言えるでしょう!
貯蓄を考えるのであれば、AIG富士生命生命【E-終身】を検討に挙げるのは非常によいかと思います。

→AIG富士生命生命【E-終身】の資料請求はこちら

学資保険ランキング