無料保険相談はこちら

学資保険返戻率ランキング > はじめての学資保険 > 学資保険は、月々いくらかかるの?

学資保険は、月々いくらかかるの?

学資保険は、月々いくらかかるの?

学資保険支払い方について

子供が生まれるまで学資保険と言うものは考えたことがない人がほとんどではないでしょうか。
子供が生まれるとお金がかかると言われていますが漠然と不安を抱えてしまう人もいるのではないでしょうか。
これを機に自分の生活を見直す良い機会にもなります。
実際に月どのくらい払っているのかまたどれくらいあれば足りるねかも踏まえて考えてみましょう。

実際学資保険は月いくら位、払っているの?

だいたい月5,000円から5万円くらい払っていますが、1番多いのが一万円強から二万円のものです。
これくらいだと大体満額で200万円位貯めることがことができます。
大学入学必要になる金額です。
その他の足りない分は貯蓄などで賄うような考えの人が多いようです。
と言うのも途中で支払えなくなってしまっても困るからです。

学資保険支払い方について

子供が生まれるまで学資保険と言うものは考えたことがない人がほとんどではないでしょうか。
子供が生まれるとお金がかかると言われていますが漠然と不安を抱えてしまう人もいるのではないでしょうか。
これを機に自分の生活を見直す良い機会にもなります。
実際に月どのくらい払っているのかまたどれくらいあれば足りるねかも踏まえて考えてみましょう。

実際に自分がどのぐらい満額の教育費が必要なのか?

自分の生活スタイルなどをしっかり考えることがまず先に必要なことです。
保険会社でもライフスタイルやお金の使い方を自分の生活や趣味の金額等把握してどのようにお金を回せばいいのか教えてくれるところもあるようです。
なんとなくお金を使ってしまうよりもはっきりと目に見えると安心感が持てます。

月5万円貯めることができれば年間60万円貯めることができます。
そう考えると貯める事は決して無理ではありません。学資保険のほかにも貯蓄を当てようとほとんどの人が考えています。
インターネットで月々の支払いをシミレーションできるところもありますのでそれらを見てみても良いと思います。
その他にも公立大学や私立大学などによってためる金額も変わってきます。
保険の途中で増やすことができるところもあるようです。

最後に

月払いの他にも半年払い、年払いや一括払い等払い安くてお得な方法もいろいろあるようです。
しかし月払いの方がもし契約者が亡くなってしまっても保険会社が負担するなどの特典が付いているところがあるので気をつけて見ていきましょう

学資保険と一番比較される【低解約返戻金型保険】

主婦の方にみらいのつばさの商品と一番比較されて中で一番の人気商品は、AIG富士生命生命の【E-終身】という貯蓄型保険商品です。
保険加入の目的をどこに設定するかによりますが、貯蓄だけのことを考えると学資保険より【低解約返戻金型保険】の方がよいからだと言えるでしょう!
貯蓄を考えるのであれば、AIG富士生命生命【E-終身】を検討に挙げるのは非常によいかと思います。

→AIG富士生命生命【E-終身】の資料請求はこちら

学資保険ランキング