無料保険相談はこちら

学資保険返戻率ランキング > 学資保険の選び方

学資保険の選び方

選び方のポイント

今の世の中、子供の為にと学資保険に入るのが当たり前になってきています。しかし、補償条件を良くすればする程月々の支払額は大きくなり、家計を圧迫してしまう可能性もあります。
子供の将来の為に、無理なく上手に学資保険を選ぶにはどうしたら良いのでしょうか。

まずは幾らくらい必要なのか考える

子供にかかる教育費というのは幾らくらいかかるのか、相場をご存知でしょうか。
もちろん私立・公立で学費も大きく異なってきます。
例えばごく一般的に小学校・中学校・高校と公立に通い、幼稚園と大学が私立であった場合には、1600万円程掛かると言われています。これが全て公立ならば1300万円、全て私立となるとなんと2400万円もかかるのです。学費保険の大切さが分かりますよね。

支払い額は無理のない設定を

「子供の為」と思うと、無理をしてあれもこれもと良い条件を探り、
月額5万円以上もの高額になってしまうこともあります。
今の世の中雇用が安定していないという状況もあるでしょう。
万が一のことも考えて、学資保険はあくまで無理のない範囲の支払額に設定しましょう。
もしも返戻率だけを考えるのならば、他の金融商品を考えるようにして、学資保険はあくまで地道に積み立てていくものと思った方が良いでしょう。

生命保険にもしっかり入ろう

学資保険には、保険の他にも貯蓄機能があります。
しかし契約者に万が一のことがあった場合には、学資保険の内容ではとても生活をカバーするのは不可能です。
学資保険に加入する際には、自分の生命保険に関してもしっかりと検討・見直しを行いましょう。
おすすめの保険相談ランキングはこちら

満期は18歳でOK

子供が大学へ行くことを考えると、学資保険の満期は22歳にしようかと思うでしょう。
しかし最もお金がかかるのは大学に入学した18歳の頃です。
殆どの生命保険も子供が18歳になるまでを目安に試算されていますので、18歳満期で良いでしょう。

さいごに

上記のことを検討して、資料請求などで情報を集めて検討してみましょう。
中途解約をするのと元本割れをしてしまうので、とにかく無理のない内容にしておきましょう。

学資保険ランキング