無料保険相談はこちら

学資保険返戻率ランキング > 子供の教育費 > 返戻金ランキングで学資保険に入ってはダメ!「加入前に読むページ」

返戻金ランキングで学資保険に入ってはダメ!「加入前に読むページ」

子供が生まれたら学資保険!昔からそう相場は決まっている!と考えている方も多いと思います。しかし、時代は変わり学資保険に加入するのではなく,他の保険を活用した方が良いケースが増えてきています。

大事なお金を損することなく、効率良く活用できる保険を知ってからでも加入は遅くない!

学資保険に加入する前に読んで欲しいページです。

コミー
子供が生まれたから学資保険に入ろうと思ってるんですが、何がおすすめですか?
ササさん
コミーさんはなぜ学資保険に入ろうと決めたの?

コミー
だって,子供の成長とともに学費とか生活費がかかるから心配じゃないですか。

ササさん
それはそうだね。ではまず子供の成長に合わせて生じる可能性があるリスクから説明するね

万が一のために備えるのが保険!返戻率ランキングだけで加入してはいけない!

ササさん
さっき言った通り,保険に加入する大きな理由でもある備えるべきリスクから説明していくよ

親(親権者)のリスクへの対応

リスクが発生した場合の損害・損失に対して最小限の費用で最大の効果を上げる手法をリスクマネジメントと言います。

リスクマネジメントには2つがあります。

  1. リスクの予知能力を高め回避するリスク・コントロール
  2. リスクによる財務的影響を軽減するリスク・ファイナンシング
リスクの予知能力を高め回避するリスク・コントロール

リスクコントールとは大きなリスクが起こりそうな状況を避けることです。

例えば,生活習慣病や事故などを事前に回避することを言います。

この時、財務的に備えるのが保険です。この場合に加入する保険には、2種類あります。

  • 医療や老後生活に備える誰もが加入する公的保険(健康・年金・介護)
  • 公的保険のカバーしないリスクに備える民間保険(学資・がん)
リスクによる財務的影響を軽減するリスク・ファイナンシング

リスクファイナンスとは,親の死亡や病気やケガで働けなくなり収入を得られない、などのリスクが起こることを考えてあらかじめ保険をかけておくことです。

事前に必要な資金を貯金で用意しておくことは困難なので、通常は保険に頼って万が一に備えておきます。

  • 死亡後の家族の生活に備える定期保険(死亡保険)
  • まとまった資金作りや老後に備える貯める保険(積立・養老・終身・個人年金)
  • 健康やや介護に備える医療・介護保険
  • 日常のリスクや家事・地震・事故に備える損害保険(損害賠償・火災・地震・自動車)
  • 病気やケガで働けなくなったときに備える就業不能保険など

公的な保険

基本的にリスク回避には公的保険をまず考えますが、公的保険は全てのリスクをカバーしていないので、不足を補うのが民間保険です。
公的保険には病気やケガで働けなくなったときに以下の備えがあります。

  • 最大1年6ヶ月間、日額の3分の2を保障する公的健康保険の傷病手当金(国民健康保険以外)
  • 障害が残る場合は公的年金の障害年金(厚生年金加入者は障害厚生年金も加算)

死亡時あるいは病気やケガで働けなくなった時には、退職金や公的年金保険の遺族年金・障害年金があります。
特に厚生年金保険は手厚い遺族・障害保障があるので、この年金額を見込んでどのくらいの備えが必要か考えましょう。

コミー
・・・・・。つまり,どういうことですか?
ササさん
そもそも,保険というのは基本的にリスクに備えて入るものってことだね!

コミー
なるほどですね。今回は子供が生まれて保険の加入を検討しているので,子供を育てる上で起こりうるリスクを回避する方法を考えればいいってことですね!

ササさん
そうだね。では,今度は親ではなく,子供の成長に対するリスクを説明するね。

子供は成長に伴って,色々と費用がかかる!貯蓄だけでは非効率すぎる!

子供の病気やケガ

子供の病気やケガへの備えは、国や自治体の支援もあるので親が加入する公的健康保険が一般的ですが、高額な医療費がかかることもあるので医療保険への加入もオススメです。

教育費は定期収入で支払うのが一般的

リスクとは言いませんが必ず必要となる費用に教育費があり、高額になることから誕生からの備えが重要です。

公立の小・中学校,高等学校の学費は無料化(私立は軽減)されていますが、塾経費(スポーツ・趣味・音楽・学習・進学)などの習いごとにも高額な費用がかかります。

この時期の費用は、早い時期から必要となるので期間が短く保険で備えるよりも定期収入で対応するのが基本です。

避けては通れない!教育費用はどのように備えるかを考える!

ササさん
教育費用が高額なことを知っている人も多いと思うけど、いくらかかるか知らない人も多いよね。一般的なケースを元に説明していくね。

保険で備えたい将来の大きな費用に大学教育費用があります。

  • 特に地方に住んでいる場合の大学受験費用
  • 大学入学費用
  • 大学授業料(留学研修費用も含む)
  • 交通費や部屋賃貸費(自宅外通学)など

この費用を月々の収入で賄うのは多くの人にとって困難で、子供の誕生あるいは結婚時期からの準備が必要になります。

どれだけの費用がかかるのかを次に説明します。

高校卒業までに必要になる教育資金

平成26年度の文部科学省の「子供の学習費調査」によると以下の費用がかかっています。

教育機関

公立

私立

幼稚園(3年)

666,792円

1,494,024円

小学校(6年)

1,930,248円

9,214,734円

中学校(3年)

1,445,523円

4,015,869円

高等学校(全日制3年)

1,229,937円

2,985,885円

合計

5,272,500円

17,710,512円

コミー
私立って公立の3倍以上の費用がかかるんですね…

全て公立(大学は国立)であっても子供1人つき500万円、全て私立であれば1,700万円もかかります(通常はこの間の費用)。

費用の大きな項目には以下があります。

  • 幼稚園や私立学校の授業料
  • 私立学校の学校納付金
  • 補助学習費
  • 学習塾費など

この費用を保険に頼る場合は、各段階の入学時に祝金や一時金が支給される学資保険があります。

途中で一時金(祝金)を受けると保険金の返戻率が下がるので注意が必要です(できれば避ける)。

大学費用(入学費・授業料)

国立・私立大学費用を国立として東京大学(通常国立はどこも同額)、私立総合大学として慶應大学(高額なケースになります)を例にとり説明します。

東京大学(国立大学)の費用

東京大学の平成29年の大学費用は以下になります。

  • 入学料が282,000円
  • 授業料が年額535,800円

各国立大学は増減20%の範囲で自由に授業料を決めることができますが、東京大学だけでなく国立大学は通常同額です。

慶應大学(私立総合大学)の費用

慶應大学の平成29年の大学費用は以下になります。

費用項目

文学部

経済学部

法学部

入学金

200,000円

200,000円

200,000円

在籍基本料

60,000円

60,000円

60,000円

授業料

850,000円

850,000円

850,000円

施設設備費

190,000円

190,000円

190,000円

実験実習費

0円

0円

0円

その他費用

3,350円

8,350円

13,350円

初年度納付金合計

1,303,350円

1,308,350円

1,313,350円

在学生納付金合計

1,103,250円

1,108,250円

1,113,350円

費用項目

商学部

医学部

理工学部

入学金

200,000円

200,000円

200,000円

在籍基本料

60,000円

60,000円

60,000円

授業料

850,000円

3,040,000円

1,230,000円

施設設備費

190,000円

340,000円

220,000円

実験実習費

0円

190,000円

100,000円

その他費用

9,850円

3,350円

3,350円

初年度納付金合計

1,309,850円

3,833,350円

1,813,350円

在学生納付金合計

1,109,750円

3,633,250円

1,613,250円

費用項目

総合政策学部

環境情報学部

看護医療学部

入学金

200,000円

200,000円

200,000円

在籍基本料

60,000円

60,000円

60,000円

授業料

1,000,000円

1,000,000円

1,000,000円

施設設備費

270,000円

270,000円

310,000円

実験実習費

0円

0円

220,000円

その他費用

11,350円

11,350円

15,850円

初年度納付金合計

1,541,350円

1,541,350円

1,805,850円

在学生納付金合計

1,341,250円

1,341,250円

1,605,750円

費用項目

薬学部薬学科

薬学部薬科学科

入学金

200,000円

200,000円

在籍基本料

60,000円

60,000円

授業料

1,640,000円

1,380,000円

施設設備費

290,000円

290,000円

実験実習費

190,000円

190,000円

その他費用

3,350円

3,350円

初年度納付金合計

2,383,350円

2,123,350円

在学生納付金合計

2,183,250円

1,923,250円

大学生活費

大学に入学すると学費に加えて生活費の準備が必要になります。
全国大学生活協同組合連合会の第52回学生生活実態調査によると,大学生の1ヶ月(2016年10~11月)の生活費は以下のようになっています。

自宅通学生

2010年から2年間隔で,自宅通学生の生活費を示します。

費用項目

2010年

2012年

2014年

2016年

こづかい

15,550円

14,670円

15,200円

14,270円

奨学金

11,970円

11,790円

11,740円

10,770円

アルバイト

29,690円

30,030円

32,370円

35,770円

定職

330円

260円

220円

70円

その他

1,630円

1,630円

1,590円

1,430円

収入合計

59,170円

58,360円

61,120円

62,310円

食費

11,010円

10,980円

12,010円

12,580円

住居費

160円

200円

210円

160円

交通費

9,760円

9,250円

9,530円

8,830円

教養娯楽費

7,080円

7,150円

7,840円

8,240円

書籍費

2,090円

1,800円

1,670円

1,450円

勉学費

1,260円

1,170円

1,120円

960円

日常費

5,320円

4,900円

4,830円

4,900円

電話代

3,260円

2,990円

2,630円

2,280円

その他

2,180円

1,490円

1,800円

3,180円

貯金・繰越

15,770円

16,110円

16,530円

18,090円

支出合計

57,890円

56,040円

58,180円

60,690円

 

自宅外通学生

2010年から2年間隔で,自宅外通学生の1ヶ月の生活費を示します。

費用項目

2010年

2012年

2014年

2016年

仕送り

71,310円

69,610円

70,140円

70,610円

奨学金

26,740円

25,380円

24,210円

21,260円

アルバイト

21,900円

23,100円

25,560円

27,120円

定職

430円

500円

210円

30円

その他

2,230円

2,050円

2,060円

1,800円

収入合計

122,610円

120,640円

122,170円

120,820円

食費

23,510円

22,900円

24,480円

24,770円

住居費

54,640円

53,420円

52,630円

51,990円

交通費

3,250円

3,260円

3,410円

3,280円

教養娯楽費

8,260円

8,200円

8,600円

8,800円

書籍費

2,250円

2,030円

1,950円

1,590円

勉学費

1,520円

1,570円

1,520円

1,360円

日常費

6,500円

6,640円

5,610円

5,810円

電話代

4,830円

4,620円

4,030円

3,510円

その他

2,550円

2,220円

3,040円

3,220円

貯金・繰越

10,460円

10,710円

12,310円

13,270円

支出合計

117,770円

115,570円

116,960円

117,610円

教育資金を準備するには?

教育資金の総額

公立(大学は国立)と私立の教育資金の総額を,東京大学と慶應大学を例に以下に示します。
教育資金の総額は以下で集計します。

  • 高等学校までの教育資金の合計(自宅外は少ないので自宅と同額)
  • 大学初年度の学費合計(自宅及び自宅外同額)
  • 大学2~4年の学費合計(自宅及び自宅外同額)
  • 大学4年間の生活(自宅か自宅外で変わる費用)

私立文理系は慶應大学の以下の対応学部とします。

  • 私立文系は文学部
  • 私立理系は理工学部
  • 私立医系は医学部(6年制)

生活費は,支出合計から奨学金とアルバイト収入を差し引いた額とします(1万円未満切捨)。

区分

高校まで

大学1年

大学2~4年

生活費

教育資金合計

自宅公立

527万円

81万円

160万円

67万円

835万円

同私立文系

1,771万円

130万円

330万円

67万円

2,298万円

同私立理系

1,771万円

181万円

483万円

67万円

2,502万円

同私立医学

1,771万円

383万円

1,815万円

101万円

4,070万円

自宅外公立

527万円

81万円

160万円

332万円

1,100万円

同私立文系

1,771万円

130万円

330万円

332万円

2,563万円

同私立理系

1,771万円

181万円

483万円

332万円

2,767万円

同私立医学

1,771万円

383万円

1,815万円

498万円

4,467万円

コミー
生活費まで賄う事を考えると教育費は最低でも1,000万円くらいは必要なんですね。

教育資金を準備する多様な方法

ソニー生命の2017年の「子どもの教育資金と学資保険に関する調査」によれば,教育資金を以下の方法で準備しようと考えています(複数回答)。

  • 銀行預金が49.8%
  • 学資保険が38.4%
  • 奨学金が33.1%
  • 教育ローンが17.1%
  • 祖父母からの資金援助が15.9%
  • 財形貯蓄が8.6%
  • 子供の祖父母からの借り入れが6.9%
  • 生命保険が4.9%
  • 株式など金融投資が2.0%

同調査のアンケートによると,

  • 未就学児の親の約8割が教育資金に不安を感じている
  • 不安を感じる理由の1位は,教育資金がどのくらいかかるか分からない
  • 子どもが社会人になるまでに必要と思う教育資金は,平均1,194万円と予測

との回答が得られています。

コミー
現在の主流はまだ貯蓄、学資保険なんですね。

ササさん
そうなんだけど、マイナス金利の影響を受けて学資保険では資金を増やす事は難しくなってきてるんだよ。

教育資金の準備を困難にする低金利

保険会社は金融庁の標準金利に基づいて自社の保険金を計算する予定金利を決めています

金融庁の標準金利は下に示すように引き下げが続いていて保険会社の予定利率が下がり、特に積立保険・養老保険・学資保険などの資金を増やす保険は苦しい時代になっています。

  • 1996年4月から2.75%
  • 1999年4月から2.00%
  • 2001年4月から1.50%
  • 2013年4月から1.00%
  • 2017年4月から0.25%

この標準金利の改定により、日本生命「ニッセイ学資保険」の保険料を決める予定利率が1.33%から0.85%に0.50%引き下げになり、保険料は2~4%値上げになりました。

コミー
金利はこの20年で2%以上も落ちているんですね…
ササさん
金利は10分の1以下になってしまったとも言えるよ。

年収は減り教育資金は増加

厚生労働省の平成27年国民生活基礎調査によると、各種世帯の平均所得金額の推移は以下のようになっています。

年次

全世帯

高齢者世帯

児童のいる世帯

平成17年

563.8万円

301.9万円

718.0万円

平成18年

566.8万円

306.3万円

701.2万円

平成19年

556.2万円

298.9万円

691.4万円

平成20年

547.5万円

297.0万円

688.5万円

平成21年

549.6万円

307.9万円

697.3万円

平成22年

538.0万円

307.2万円

658.1万円

平成23年

548.2万円

303.6万円

697.0万円

平成24年

537.2万円

309.1万円

673.2万円

平成25年

528.9万円

300.5万円

696.3万円

平成26年

541.9万円

297.3万円

712.9万円

教育資金作りは児童のいる世帯が対象になっています。

この世帯の平均収入は平成8年の781.6万円をピークに下がっていますが、平成22年から少し回復しています。

文部科学省の「子供の学習費調査」による高等学校までの年ごとの教育費(万円以下切捨)は以下に示すように推移しています。

平成26年

平成22年

平成18年

平成14年

平成10年

平成6年

公立幼稚園

22万円

23万円

25万円

23万円

24万円

24万円

私立幼稚園

49万円

53万円

53万円

51万円

49万円

48万円

公立小学校

32万円

30万円

33万円

29万円

30万円

31万円

私立小学校

153万円

146万円

137万円

公立中学校

48万円

45万円

47万円

43万円

43万円

44万円

私立中学校

133万円

127万円

126万円

123万円

122万円

110万円

公立高校

40万円

39万円

52万円

52万円

51万円

52万円

私立高校

99万円

92万円

104万円

103万円

101万円

101万円

平成22年度から高校授業無償化・私立高等学校就学支援金制度で高等学校の教育費は減少していますが、小中学校の教育費は増加しています。

年収は減少していますが、ここ数年少し回復しています。

しかし、社会保険料の増加が続いていて手取り所得は増えていないどころか、減少しています。

大学の学費も増加傾向にあり、教育資金作りは早くから始めることが必要になっています。

コミー
子供のためにもしっかり教育資金を作らないと…。でもどうやるのが一番良いんだろう?

ササさん
資金作りには色々な方法があって迷うよね。まずはオーソドックスな学資保険から見ていこう。

学資保険

子供の誕生あるいは予定のある方は、教育資金作りに学資保険を考える方が多いと思います。

学資保険は不幸にして契約者(親)が亡くなると以降の保険料の払い込みが免除になり満期が来ると契約した保険金が支払われます

親が亡くなっても教育資金が確保できる安心の保険ですが、マイナス金利の時代なので年々返戻率も下がっている傾向にあり、現在では教育資金作りに有利とも言えなくなってしまいました

ここでは学資保険を紹介しますが、保障と教育資金作りを分ける方法についても後述します。

学資保険の種類

学資保険は以下に示す保険があります。

  • 日本生命「ニッセイ学資保険」
  • 第一生命「こども応援団・Mickey」
  • 明治安田生命「つみたて学資」
  • 住友生命「こどもすくすく保険」
  • 朝日生命「えくぼ,ゆ・め」
  • 富国生命「みらいのつばさ」
  • 太陽生命「わくわくポッケ」
  • アフラック「アフラックの夢みるこどもの学資保険」
  • ソニー生命「学資保険」
  • かんぽ生命「はじめのかんぽ」など

契約者30歳、子供0歳で契約した場合の保障内容・保険金の目安を以下に紹介します。

日本生命「ニッセイ学資保険」
  • 払込保険料の総額2,883,600円
  • 返戻率約104.0%
  • 18歳で第1回学資年金100万円,以降4年毎年50万円,受け取り総額300万円
  • 込18歳満了で保険料払月額13,350円
第一生命「こども応援団・Mickey」
  • 18歳から22歳まで5年間学資年金60万円,受け取り総額300万円
  • 死亡等事由に該当すると9歳から育英資金毎年60万円
明治安田生命「つみたて学資」
  • 受け取り総額300万円
  • 払込期間15歳までで保険料月額15,970円で返戻率104.3%
  • 払込期間10歳までで保険料月額23,623円で返戻率105.8%
  • 加入時に一括払込(2,749,776円)で返戻率109.0%
住友生命「こどもすくすく保険」
  • 祝金10万円2回,満期保険金100万円の返戻率は101.5%
  • 保険料払込期間は18歳,12歳を選択
  • 払込18歳満了で保険料払月額8,203円
朝日生命「えくぼ、ゆ・め」
  • 幼稚園入園時から大学入学時・22歳満期まで受取総額330万円
  • 育英年金のない「ゆめ」は22歳満了で保険料払月額14,372円
  • 育英年金のある「えくぼ」は22歳満了で保険料払月額16,117円
  • 育英年金は毎年中学まで30万円・高校50万円・大学100万円で最大1000万円
フコク生命「みらいのつばさ」
  • 幼稚園,学校入学祝金を支給し受取総額210万円
  • 払込11歳満了,保険料払月額15,186円で返戻率104.7%
太陽生命「わくわくポッケ」
  • 15歳50万円,18歳・20歳に100万円,受取総額250万円
  • 払込15歳満了,保険料払月額21,620円
  • 就業不能時には20歳まで毎年120万円で最大2400万円
  • 子供の医療保障で入院1日5,000円,入院一時金30,000円など
アフラック「アフラックの夢みるこどもの学資保険」
  • 高校入学時50万円,大学入学時100万円
  • 大学2年から4年まで毎年50万円で受取総額300万円
  • 払込18歳満了,保険料払月額14,430円で返戻率96.2%
ソニー生命「学資保険」
  • 18歳から毎年40万円,受取学資金総額200万円
  • 払込10年満了,保険料払月額15,540円で返戻率107.2%
  • 払込18年満了,保険料払月額8,916円で返戻率103.8%
かんぽ生命「はじめのかんぽ」
  • 満期保険金300万円
  • 払込18歳年満了,保険料払月額14,640円で返戻率約95%

学資保険の注意

学資保険はもしものこと(親の死亡など)があると以降の保険料の払い込みは免除されます。

学資以外に育英資金の支給される保険もありますが、残された家族の生活の備えには退職金や公的年金保険もありますが、教育資金が不足することがあります

このため、学資保険と定期保険(死亡保険)などを組み合わせることで、もしもの時の教育資金を確保しておく例も多く見られます

コミー
返戻率って昔はどれくらいあったんですか?

ササさん
ちょっと前まで120%を超える返戻率の学資保険もあったんだけど、今の金利では返戻率はもっと下がる可能性もあるよ。

学資保険以外の保険で教育資金を準備する

子供の教育資金の準備は、学資保険以外にも色々な保険を活用して準備できます。

積立型保険

積立型保険は、保険料払込期間毎月一定額の保険料を積立して、満期になった時に積立しておいた保険金を受け取る保険です。

積立期間中の死亡保険や解約返戻金は、積立額に応じた額になります。

日本生命「ニッセイ財形貯蓄」を例にとり説明します。

この保険は,以下の特徴のある保険です。

  • 学費にも使える資金使途が自由な保険(満期時には源泉分離課税)
  • 万一に備え高額保障の災害保障(災害でないと通常の死亡保障)
  • 確実に貯められる給与控除(給与からの天引き)
  • 財形持家融資付き

この保険に15年積み立てた場合の満期受取額を以下に示します。

保険料払込法

積立総額

満期受取額(税引後)

毎月1万円積立

180万円

約1,858,170円

賞与時年2回各10万円

300万円

約3,125,450円

毎月1万円,賞与時5万円

330万円

約3,435,720円

外貨建保険

外貨建保険は、比較的金利の高い外貨(米ドルや豪ドルなど)で運用する保険です。

ソニー生命米ドル建養老保険「学資プラン」を例にとると30歳男性の場合は以下のようになります。

  • 受取保険金総額2万米ドル
  • 払込5年満了,保険料払月額259.18米ドルで返戻率128.6%
  • 払込18年満了,保険料払月額85.36米ドルで返戻率108.4%

ソニー生命「学資保険」の払込18年満了の返戻率は103.8%ですが、外貨建では108.4%の返戻率になります。

長期間の為替相場が不明のためか、長期間(18年)の解約返戻率は低くなります(それでも円建てよりは高い)。

払込5年満了に加入して5年ごとに様子を見ながら継続するかどうかを判断するのが良いようです。

コミー
返戻率だけ見ると外貨建に入りたくなっちゃいます!

教育ローン

教育費の準備に、教育ローンを利用することができます。

教育ローンには以下の種類があります。

  • 国の教育ローン
  • 民間の教育ローン
  • 自治体の教育費貸与制度
国の教育ローン

日本政策金融公庫が貸し出す国の教育ローンは,以下の特徴があります。

  • 最高300万円(海外留学は450万円)
  • 1.81%の固定金利
  • 20日程度で入金
民間の教育ローン

各金融機関か融資する教育ローンを利用することができます。

  • 都市・地方銀行
  • ろうきん
  • 信用金庫
  • JA
  • 信販会社

銀行の場合は地方銀行の金利が安く、ネット申込で以下のようになります。

  • 横浜銀行は年2.15(変動金利)から
  • 千葉銀行は年2.2%(変動金利)から
  • 常陽銀行は年2.3%(変動金利)から
  • みずほ銀行は年3.475%(変動金利)
  • 同固定金利は年4.250%など

奨学金

奨学金は、日本学生支援機構が学生(親でないことに注意)に貸出制度で、以下の2種があります。

  • 返済が不要な給付型
  • 返済が必要な貸与型(無利子の第1種と有利子の第2種)
給付型奨学金

給付型奨学金は2017年から新設された制度で今後拡充されていくと思われます。

返済が不要な大変有利な制度ですが、人数も少なく制限が多く今後見直しが求められます。

  • 対象人数は2万人
  • 住民税非課税世帯が中心
  • 高い学習成績などの学力・資質に基準
  • 国公立自宅通学は月額2万円支給
  • 私立あるいは自宅外通学は月額4万円支給
第1種貸与型奨学金

第1種貸与型奨学金は無利子の奨学金で、2017年度に大幅に拡充され貸与基準を満たすとほぼ全員が利用できるようになったとのことです。

  • 対象人数大学院を除き1学年15.1万人
  • 4人世帯の前年度年収目安が747万円以下
  • 国公立自宅通学は月額2万円から
  • 私立あるいは自宅外通学は月額7.4万円が上限
  • 給付型と併用可能
第2種貸与型奨学金

第2種貸与型奨学金は有利子の奨学金です。

  • 対象人数は1学年25.7万人
  • 4人世帯の前年度年収目安が1,100万円以下
  • 貸与月額は3万円,5万円,8万円,10万円,12万円から選択

金利は月により変わり、2017年度は以下になります。

  • 利率固定方式は,0.23%ぐらい
  • 利率見直し方式は,0.01%

増額すると増額部分の金利は高くなりますが0.5%以下です。

しかし、平成19年度の金利は利率固定方式で1.5%以上でした。

この頃借りた有利子の第2種貸与型奨学金の返済は大変でしたが、近年は金利が大きく下がっています

しかし、金利だけでなく元本の返済も必要なので借り入れには注意が必要です。

少額投資非課税制度を利用する

教育資金を保険や貯蓄で準備するだけでなく、少額投資非課税制度(つみたて「NISA」やジュニア「NISA」)で貯めることもできます。

つみたて「NISA」

つみたて「NISA」は2018年から始まり、投資年額40万円まで、運用益が20年間非課税になります。

手数料も安く、金融庁のチェックを受けているので安心でき、教育資金の準備にも適しています。

毎年40万円を18年積み立てると18年後の総額は以下になります。

  • 年利1%の金融商品では7,846,000円
  • 年利2%の金融商品では8,564,800円

金融商品は、自分で選択する必要があります。

ジュニア「NISA」

ジュニア「NISA」はつみたて「NISA」と同じ仕組みですが以下の違いがあります。

  • 非課税投資額は毎年80万円まで
  • 非課税期間は5年間
  • 制度の期間は2016年~2023年までの8年間
  • 口座開設は20歳未満(20歳を超えると通常のNISA)
  • 親(親権者)が運用
  • 贈与の非課税額が110万円なので毎年80万円贈与しても非課税
  • 年利1%の金融商品では4,080,800円
  • 年利2%の金融商品では4,163,200円

終わりに

子供の教育資金作りに焦点を当てて、親(親権者)のリスクを説明し、教育にかかる費用の現状、大学入学にかかる学費や生活費さらには親の収入の変遷について説明しました。

ここで取り上げた慶應大学の学費は、私立大学の中では高額な部類になります。

私立大学でも安い学費の大学もあるので、子供の希望と同時に学費についても考慮して進学先を決める事が必要です。

次に教育資金の準備で最初に考える学資保険を紹介しました。

そして、学資保険以外の教育資金作りとして積立型保険と外貨建保険についても紹介しました。

さらに,保険以外の方法として、つみたて「NISA」ジュニア「NISA」について紹介し、教育ローンや奨学金いついても紹介しました。

教育期間は20年を超える長期間に渡ります。

一般的には、保険は契約すると契約時の条件が固定で満期まで変わりません

わかりやすいというメリットはありますが、20数年もの間には経済状況は変わる可能性があるので、金利の安い今の契約を満期まで持ち越すのには不安もあると思います。

この点では、経済情勢に合わせて見直しのできる自由度の高い積立型保険が有望です。

教育資金は非常に高額になってきており、複数の方法を組み合わせて考えるのが必須かと思われます。

学資保険と一番比較される【低解約返戻金型保険】

主婦の方にみらいのつばさの商品と一番比較されて中で一番の人気商品は、オリックス生命の【RISE】という貯蓄型保険商品です。
保険加入の目的をどこに設定するかによりますが、貯蓄だけのことを考えると学資保険より【低解約返戻金型保険】の方がよいからだと言えるでしょう!
貯蓄を考えるのであれば、オリックス生命【RISE】を検討に挙げるのは非常によいかと思います。

→オリックス生命【RISE】の資料請求はこちら

学資保険ランキング