無料保険相談はこちら

学資保険返戻率ランキング > 東京海上日動あんしん生命【こども保険】口コミ・評判

東京海上日動あんしん生命【こども保険】評判

こども保険
こども保険

教育資金を確実に準備できる!

子どもの成長のために、幼稚園や学校に行って親の務めであり、子どもの成長を見守る喜びでもあります。
子どもの教育費を用意することも親の責任。
ある統計よると、幼稚園から高校卒業するまでの15年間にかかる学習費は、すべて公立の場合でも、約510万円。
すべて私立の場合では、1,700万円かかるといわれています。
東京海上日動あんしん生命の「こども保険」は、この教育資金を子どもの入学に合わせて祝金という形で受け取れます。
祝金とは、加入プランや保険料によっても額が異なるのですが、小学校入学時に20万円、中学校入学時に30万円、高校入学時には50万円、 大学進学時には100万円といった入学のための、保険会社から受け取れる資金です。
教育資金を確実に用意できる保険が、東京海上日動あんしん生命の「こども保険」です。

加入者に万一のことがあっても養育年金を受け取れる!

「こども保険」は加入者はほとんどの場合こどもの親となりますが、もしこの加入者に万一のことがあって、 高度障害になったり亡くなってしまったら、保険料が払えなくなってしまいます。
この場合でも、この保険の加入者の保険料を払わなくていいことになっており、さらに子どもの養育年金という形で祝金の約半分を 保険満期まで毎年受け取ることができる保障がついています。

子どもに万一のことがあった場合の保障がある!

想像したくあありませんが、子どもが万一事故にあってしまった、または保険会社が定めた感染症で亡くなったという場合、 災害死亡保険金というお金が支払われます。
また、他の病気で亡くなってしまったという場合には、死亡給付金という形で保障を受け取ることができます。

出産前から加入することができる!

この「こども保険」は、出産予定日140日以内であれば、入ることができます。
保険会社では、出生前加入特則といっていますが、加入者に万一のことがあった場合でも、 出生前からでも保険料免除や養育年金の受け取りといった保障を持つことができるのです。

さらに、東京海上日動あんしん生命では、保険加入者とその家族向けに医療関連の相談サポートや健康診断サービスを提供しており、 そのようなサービスを利用することが可能になります。
保険の返戻率をご存知でしょうか。あまり聞きなれない言葉ですが、支払い保険料の総額と100として受け取れる祝金など合計金額との率を 返戻率といっています。他社の同様の保険もそうですが、「こども保険」の場合加入者や子どもの年齢によって保険料が変わります。

早期に加入していれば、返戻率が110%台になることもあり、親も子どもも早めに加入すれば返戻率も高めになる傾向があるようです。
早めに検討することが必要でしょう。

学資保険と一番比較される【低解約返戻金型保険】

主婦の方にみらいのつばさの商品と一番比較されて中で一番の人気商品は、AIG富士生命生命の【E-終身】という貯蓄型保険商品です。
保険加入の目的をどこに設定するかによりますが、貯蓄だけのことを考えると学資保険より【低解約返戻金型保険】の方がよいからだと言えるでしょう!
貯蓄を考えるのであれば、AIG富士生命生命【E-終身】を検討に挙げるのは非常によいかと思います。

→AIG富士生命生命【E-終身】の資料請求はこちら

学資保険ランキング